◆ホントの年間CDランキング 2012(平成24)年◆

ホントにヒットした年間シングルTOP50 (KSK-PROJECT調べ)
◆2012年間アルバムランキングはこちら◆

順位 楽曲タイトル アーティスト 売上枚数
(初動除く)
週間
最高位
1 真夏のSounds good! AKB48 203,261 1
2 GIVE ME FIVE! AKB48 149,302 1
3 ギンガムチェック AKB48 121,441 1
4 アイシテラブル!(※) SKE48 109,285 1
5 上からマリコ AKB48 106,039 1
6 櫻(※) 氷川きよし 101,286 2
7 祈り 〜涙の軌道 Mr.Children 101,231 1
8 ワイルド アット ハート 99,100 1
9 片想いFinally(※) SKE48 97,138 1
10 ひとり長良川(※) 水森かおり 95,246 3
11 Face Down 93,834 1
12 UZA AKB48 86,383 1
13 Love Story/Sit! Stay! Wait! Down! 安室奈美恵 83,901 2
14 Your Eyes 81,592 1
15 キスだって左利き(※) SKE48 76,521 1
16 We never give up! Kis-My-Ft2 76,001 1
17 ヴァージニティー(※) NMB48 75,691 2
18 ぐるぐるカーテン(※) 乃木坂46 74,204 2
19 ナギイチ(※) NMB48 73,313 2
20 夜明けのブルース 五木ひろし 71,236 7
21 WANNA BEEEE!!!/Shake It Up Kis-My-Ft2 70,643 1
22 やさしくなりたい 斉藤和義 70,051 2
23 ワンダフル キューピット
/がらすの・魔法・
NYC
/中山優馬
69,733 1
24 おいでシャンプー(※) 乃木坂46 65,516 2
25 花は咲く 花は咲くプロジェクト 61,868 9
26 チャンカパーナ NEWS 60,697 1
27 スピード アップ/ガールズ パワー KARA 59,377 2
28 家族になろうよ/fighting pose 福山雅治 58,645 10
29 愛でした。(※) 関ジャニ∞(エイト) 58,245 1
30 生きてる生きてく 福山雅治 57,532 1
31 走れ! Bicycle(※) 乃木坂46 54,360 1
32 Sexy Zone Sexy Zone 51,698 5
33 24karats TRIBE OF GOLD EXILE TRIBE 50,968 1
34 Moment SMAP 50,609 1
35 ヒカリヘ miwa 50,505 2
36 SHE! HER! HER! Kis-My-Ft2 49,097 1
37 さかさまの空 SMAP 47,334 2
38 グッドラック BUMP OF CHICKEN 46,961 1
39 純情U-19(※) NMB48 46,864 1
40 crossing field LiSA 45,660 3
41 風が吹いている いきものがかり 44,377 2
42 ER エイトレンジャー(関ジャニ∞) 43,999 1
43 GO FOR IT,BABY -キオクの山脈- B'z 43,764 1
44 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」(※) ももいろクローバーZ 43,648 4
45 PAPARAZZI 少女時代 43,605 1
46 花火(『0〜ZERO〜』より) 三代目 J Soul Brothers 43,052 1
47 HALLOWEEN PARTY HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA 42,646 1
48 SUPER DELICATE Hey! Say! JUMP 42,193 2
49 愛、テキサス 山下智久 42,140 1
50 オキドキ(※) SKE48 40,663 4

【コメント】
今年はAKB48が初めて年間1〜3位を独占。しかし、それ以外は目立ったヒット曲のないサビシ〜イ1年となった。初動を除いた1位の売上枚数は過去最低。50位のセールスこそ4万枚台にのったものの、全体的なセールスは昨年よりさらにトーンダウンしている。そのような現状でも、震災チャリティシングル「花は咲く」をはじめ、斉藤和義、miwa、安室奈美恵はドラマ効果もあって健闘している。

● 集計期間:2011.12.26付〜2012.12.17付 (実質集計期間:2011.12.12〜2012.12.9)
● ※印のシングルは初動を除いても週間チャートで数週間、不自然なチャート推移があり(イベント、握手券付きCDの再販など)、通常より売上げが高めに出ている
● 10位「ひとり長良川」、20位「夜明けのブルース」は再発盤の初動売上も除外
● 23位の「ワンダフル キューピット」はフライング発売のため2週目のセールスを除外

ホントのCDランキング