ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10登場歌手のオールデータ


1969(S44)年

♪学園紛争に揺れた年、歌謡フォークが大流行♪

カルメン・マキ ピーター

印はミリオンセラー
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
46 69/02/03 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 1 100.3 作詞:橋本淳
作・編曲:筒美京平
小学生から子役として活躍し、64年ドラマ『七人の孫』でブレイク、同年「ネェ聞いてよママ」で歌手デビューした。このポップス歌謡の金字塔「ブルー・ライト・ヨコハマ」が9週連続No.1となり紅白初出場。ドラマ『北の国から』や映画『駅』など最近は女優業がメイン。妹は作詞家なかにし礼と結婚した元歌手の石田ゆり。かつてショーケンと結婚していた。
47 69/02/03 ザ・キング・トーンズ グッド・ナイト・ベイビー 2 60.0 作詞:ひろまなみ
作曲:むつひろし
キャバレーでスカウトされ、このデビュー曲が仙台から火がつき1年がかりで大ヒットした男性4人組コーラスグループ。ボーカル内田正人の日本人離れしたスカイテナーがうけ“日本のプラターズ”と呼ばれた。曲はポリドールのディレクターだった松村孝司(むつひろし)。ビルボードのR&Bチャートでは48位を記録。山下達郎の「Down Town」はもともとこのグループのために作られた曲。
48 69/02/24 フェラス→ピンキーとフェラス マンチェスターとリヴァプール 6 31.2 詞曲:Popp・Marnay・Fishman 女性ボーカルのピンキー(キャロライン・ガードナー)を中心とした英スコットランド出身の6人組バンド。この哀愁ソングが日本だけで一発ヒット。オリジナルはフランスの大女優マリー・ラフォレ('66)。作曲は「ただ愛に生きるだけ」「恋はみずいろ」でおなじみアンドレ・ポップ。ちなみにピンキラとは無関係。
49 69/02/24 ヒデとロザンナ 愛の奇跡/何にも言えないの 6 34.4 作詞:中村小太郎
作曲:田辺信一
編曲:中川昌
元日活ニューフェイスでソロシンガーの出門英(ヒデ)とイタリアのロザンナ・ザンボンによる男女デュオ。「愛の奇跡」は当初B面だったが地道なキャンペーンで4ヶ月かかってTOP10入り。翌年「愛は傷つきやすく」(1位)で紅白初出場。75年ヒデ・ロザは逃避行のすえハワイで挙式。ヒデは90年6月、結腸ガンのため47才の若さで逝去。
50 69/03/03 はしだのりひことシューベルツ 2 58.3 作詞:北山修
作曲:はしだのりひこ
編曲:青木望
フォークル解散後、はしだのりひこがジローズの杉田二郎らと結成したフォークグループ。この曲でレコ大新人賞に輝いたが、ベースの井上博が70年3月に腎臓病で急逝したため、同年6月の新宿厚生年金会館「さよなら公演」で解散。
51 69/03/31 由紀さおり 夜明けのスキャット 1 109.0 作詞:山上路夫
作曲:いずみたく
編曲:渋谷毅
童謡歌手から本名の"安田章子"で65年「ヒッチハイク娘」でデビュー。もともとTBSラジオ『夜のバラード』のテーマソングだったこの曲で再デビュー。最初のワンコーラスは全てスキャット、サウンド・オブ・サイレンスっぽいメロディもうけた。「手紙」(1位)、「生きがい」(6位)など斬新な曲も多く、ドラマ、バラエティではコミカルな一面も。2011年ピンク・マルティーニとコラボしたアルバム「1969」が世界的大ヒット。
52 69/04/07 カルメン・マキ 時には母のない子のように 2 62.2 作詞:寺山修司
作曲:田中未知
編曲:山屋清
本名・伊藤牧。寺山修司の劇団「天井棧敷」出身。ゴーゴーコンテストで1位になった米国と日本人のハーフ。男性スキャンダルも多く、紅白でこの曲をジーンズ姿で歌って物議をかもした。71年ジャニス・ジョップリンに触発され、翌年カルメン・マキ&OZを結成しハードロックの女王に。80年大麻で2度逮捕され、解散後は主婦業に専念。首位を「夜明けのスキャット」に阻まれた。
53 69/05/12 北島三郎 仁義 8 42.6 作詞:星野哲郎
作曲:中村千里
編曲:重松岩雄
流しの艶歌師から作曲家・船村徹に弟子入り。62年のデビュー曲「ブンガチャ節」は放送禁止になったが、同年「なみだ船」でレコ大新人賞に。愛称サブちゃん。村田英雄の事務所の後輩。65年「兄弟仁義」「帰ろかな」「函館の女(ひと)」が立て続けに大ヒットし、永谷園のCMにも数多く出演。次男はロックバンド"1st BLOOD"のMAKOTO。2010年「夫婦一生」が40年ぶりにTOP10入りした。
54 69/05/19 内山田 洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった 2 72.8 作詞:永田貴子
作曲:彩木雅夫
編曲:森岡賢一郎
長崎出身の6人組ムード歌謡コーラスグループ。前川清の独特の歌い方がうけ、このデビュー曲でレコ大新人賞に。「逢わずに愛して」「噂の女」「そして、神戸」(野村真樹のカバー)などヒット多数。長崎のキャバレー時代はメンバー自ら楽器演奏していた。前川は藤圭子と71年結婚したが、翌年スピード離婚。作詞の永田貴子(吉田孝穂)はキャバレー「銀馬車」のマネージャー。
55 69/06/02 ジリオラ・チンクェッティ 6 34.4 詞曲:G.Argenio・M.Panzeri・C.Conti・D.Pace こんな名前でも一応イタリアの女性アイドル。「夢見るシャンソン人形」のフランス・ギャルと組んで出場した69年「第19回サン・レモ音楽祭」入賞曲。最近はトヨタのCMソングでもおなじみ。
56 69/06/02 ザ・ゾンビーズ ふたりのシーズン 6 27.5 詞曲:R.Argent 英国のバンドだが母国ではサッパリ売れず、68年のラストアルバムからシングルカットしたこの曲が解散後に米国で大ヒットした。ザ・カーナビーツ「好きさ好きさ好きさ」もこのグループの作品。最近日産のCMにも使われた。
57 69/06/16 森山良子 禁じられた恋 1 78.8 作詞:山上路夫
作曲:三木たかし
編曲:高見弘
67年「この広い野原いっぱい」でデビュー。和製ジョーン・バエズと呼ばれたフォーク歌手の草分け。歌謡曲に転向したこの曲が8週連続1位。父親はジャズ・トランペッター森山久、かまやつひろしはイトコ、長男は森山直太朗という音楽一家。ザ・ブロードサイド・フォーは高校の先輩。「さとうきび畑」や「涙そうそう」も大ヒット。中尾ミエとのTVショー「おしゃべり泥棒」も人気でした。
58 69/06/23 トワ・エ・モア 或る日突然 4 35.1 作詞:山上路夫
作曲:村井邦彦
編曲:小谷充
元スクールメイツの山室英美子(現 白鳥英美子)と元ソロシンガーの芥川澄夫によるフォークデュオ。このデビュー曲がいきなり大ヒット。翌年「空よ」(13位)で紅白初出場、ジーンズで歌う姿が話題になった。73年解散し、山室は保母さんをめざし引退したが、のちにカムバック。芥川はレコード会社のプロデューサーに。
59 69/07/14 フィフス・ディメンション 輝く星座(アクエリアス) 9 37.1 詞曲:J.Rado・G.Ragni・G.MacDermot 66年デビューした男性3人・女性2人による黒人コーラスグループ。世界初のロック・ミュージカル『ヘアー』の挿入歌「アクエリアス」と「レット・ザ・サンシャイン・イン」を無理矢理つなげたこのカバー曲でグラミー受賞。76年にはメンバーのマリリン・マックーとビリー・デイヴィス・ジュニアー夫妻の「星空のふたり」(44位)もヒットした。
60 69/07/21 新谷のり子 フランシーヌの場合 4 30.4 作詞:いまいずみあきら
作曲:郷伍郎
編曲:テディ池谷
ベトナム戦争に抗議し、69年パリで焼身自殺した"フランシーヌ・ルコント"をモデルにCM作家の郷五郎が作詞した反戦歌。新谷は学生運動に参加しながら歌手活動。いまも平和や自然環境をテーマに世界中でコンサートを行っている。バックに流れるフランス語はシャンソン歌手の古賀力(つとむ)。
61 69/09/08 ゼーガーとエバンズ 西暦2525年 3 38.6 詞曲:Evans カントリーギタリストのデニー・ゼーガーとリック・エバンズによる男性デュオ。自費制作(今のインディーズ)で発売され全米No.1に。ビルボード史上最大の一発屋としても有名。
62 69/09/15 ザ・ブルーベル・シンガーズ 昭和ブルース 7 33.0 作詞:山上路夫
作・編曲:佐藤勝
「うまれた時が悪いのか それとも俺が悪いのか…」ではじまる暗い歌。明治学院大生などで結成した男性5人組コーラスグループ。もともとジャズコーラス志望だった。ドラマ『若者たち』の映画版『若者はゆく』の主題歌で、ジャケットには田中邦衛の姿も。73年ドラマ『非情のライセンス』の主題歌になった天知茂のカバーも有名。
63 69/09/22 アン真理子 悲しみは駈け足でやってくる 4 33.7 作詞:アン真理子
作曲:中川克彦
編曲:寺岡真三
タイトルもスゴイが、歌詞は「明日という字は 明るい日とかくのね…」、学園紛争にゆれた当時の暗い世相がうかがえる。ヒデロザの出門英と組んで66年"ユキとヒデ"でデビュー後、"藤ユキ"としてソロデビュー。この曲で再々デビューを果たし、レコ大編曲賞を受賞。71年に結婚。作曲者の中川克彦は当時18才の牛乳配達員。
64 69/09/22 弘田三枝子 人形の家 1 57.1 作詞:なかにし礼
作曲:川口真
オーディションに合格し、和製ポップス歌手として61年「子供ぢゃないの」でデビュー。パンチの効いた歌唱で、翌年「ヴァケーション」で紅白に初出場。1年休養後、ポッチャリしていたミコちゃんは18キロダイエットして大変身。このカムバック曲でレコ大歌唱賞に輝き、顔面整形も話題になった。77年には不倫相手の妻に刺されるショッキングな事件もあった。
65 69/10/06 浅丘ルリ子 愛の化石 2 49.9 作詞:並木六郎
作曲:三木たかし
編曲:高見弘
歌はかなりのヘタウマで、ほとんど"語り"だけの珍曲。歌詞の「愛するって耐えることなの…?」というセリフは大流行し、翌年本人主演で映画化された。小林旭の「渡り鳥シリーズ」や「男はつらいよ」のリリー役でも有名な日活の女優。71年石坂浩二と結婚。平成になってからの熟年離婚も衝撃デシタ.....
66 69/10/20 中山千夏 あなたの心に 2 42.1 作詞:中山千夏
作曲:都倉俊一
編曲:大柿隆
子役でデビュー。直木賞候補、参院議員、女優、アニソン歌手などマルチに活躍する才女。「ひょっこりひょうたん島」の博士やアニメ『じゃりん子チエ』の声もこの人。自ら詞を手がけ、作曲家・都倉俊一の出世作になったフォーク調の名曲。
67 69/10/20 千賀かほる 真夜中のギター 4 44.8 作詞:吉岡治
作曲:河村利夫
大阪歌劇団(OSK)入団後、歌謡曲とフォークを融合したこの曲でデビューした奄美出身の女性シンガー。もともと吉岡治が舟木一夫のために詞を書き、当初は「真夜中の口笛」というタイトルだった。発売前からラジオの深夜放送で話題になりレコ大新人賞に。ジャケは2種ある。80年高田みづえ、97年UAもカバーした時代を超越した名曲。
68 69/10/27 トム・ジョーンズ ラヴ・ミー・トゥナイト 10 26.2 詞曲:Pilat・Panzeri・Mason 64年「よくあることサ」でブレイクした英国のスーパースター。迫力あるヴォーカルでヒット曲も多い。69年ジュニア・マッリ「恋の終り」のカバーで、トシちゃんの「抱きしめてTONAIGHT」の元ネタで有名。70年「ライブ・イン・ラスベガス」(4位)は2年にわたるロングセラー。
69 69/11/10 皆川おさむ 黒ネコのタンゴ 1 223.5 詞曲:Framario・A.Soricillo
訳詞:見尾田みずほ
編曲:小森昭宏
皆川少年は当時6才。叔母が設立した「ひばり児童合唱団」に3才で入団。ラジオの深夜放送から火がつき14週連続No.1に。「女のみち」に抜かれるまで史上最高セールスだった。児童福祉法にひっかかり紅白は不出場。4才の少女が「イタリア子供音楽祭」で歌った童謡のカバーだが、もともと水森亜土が歌う予定だった。大学では幼児教育を学び、現在は叔母の跡を継ぎ、ひばり児童合唱団の代表に。
70 69/11/17 クリフ・リチャード しあわせの朝(アーリー・イン・ザ・モーニング) 4 34.1 詞曲:Leander イギリスのプレスリーと呼ばれ、母国ではアイドル的人気を集めた男性シンガー。「ヤング・ワン」「サマー・ホリディ」などが大ヒット、主演映画も多い。69年ヴァニティ・フェア「幸福の朝」(51位)のカバーで、10月の来日記念盤として発売され日本だけでヒット。
71 69/11/24 ピーター 夜と朝のあいだに 9 26.3 作詞:なかにし礼
作曲:村井邦彦
編曲:馬飼野俊一
ユニ・セックスな雰囲気で、この年レコ大最優秀新人賞を受賞。六本木のゲイバーでスカウトされ、69年「薔薇の葬列」で映画デビュー。当時女性タレントのファッションリーダーだった。芸名はニックネームのピーターパンから。本名は池畑慎之介と男らしい。父親は人間国宝の吉村雄輝。馬飼野俊一の編曲家デビュー作。
72 69/12/08 ベッツィ&クリス 白い色は恋人の色 2 55.6 作詞:北山修
作曲:加藤和彦
編曲:若月明人
ハワイ出身のベッツィとアイダホ出身のクリスによる女子高生デュオ。69年来日した「ザ・サウンズ・オブ・ヤングハワイ」のメンバー2人を所属プロの社長がスカウト。フォークルの北山修&加藤和彦が曲を手がけ、優しいメロと澄んだハーモニーで大ヒット。強敵「黒ネコのタンゴ」に阻まれ、惜しくも2位どまり.....
73 69/12/15 ザ・ドリフターズ ドリフのズンドコ節 2 80.7 作詞・作曲者不詳
補作詞:なかにし礼
編曲:川口真
映画『全員集合シリーズ』やTBS系『8時だョ!全員集合』で人気者になった元コミックバンド。74年荒井注の脱退で志村けんが加入。69年「いい湯だな(ビバノン・ロック)」が初ヒット、続く「ミヨちゃん」(11位)が大ヒット。この3rdシングルは小林旭のカバーで原曲は「海軍小唄」。氷川きよしも2002年にカバーした。この曲も「黒ネコのタンゴ」に首位を阻まれた。
74 69/12/29 レターメン 涙のくちづけ 9 20.1 詞曲:Udell・Geld 深夜FMジェットストリームのテーマ「ミスター・ロンリー」(15位)やジョン・レノンのカバー「ラヴ」(15位)もヒットさせた米国の男性3人組コーラスグループ。61年結成。日本ではこのブライアン・ハイランドのカバー曲でブレイク。72年にはボビー・ヴィントン盤もヒット。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
- 69/01/06 じゅん&ネネ 愛するって こわい 13 28.2 作詞:山口あかり
作曲:平尾昌晃
編曲:小谷充
千秋じゅんと梢ネネによる宝塚系女性デュオ。スクールメイツの初代メンバーから64年"クッキーズ"としてデビューしたが、しばらく芽が出なかった。名づけ親は平尾昌晃と衣装担当のコシノジュンコ。じゅんの結婚で72年解散。ネネはテクノバンドに加入し、89年八丈島の町長選挙に立候補して話題に。
- 69/02/03 チコとビーグルス 帰り道は遠かった 14 15.5 作詞:藤本義一
作曲:奥村英夫
編曲:寺岡真三
ピンキラの二番煎じで売れた6人組グループ。68年結成。男性バックコーラスに、橋幸夫にスカウトされた紅一点のチコ(はざま千鶴子)を加えこの曲でデビュー。作者は人気番組『11PM』のゴールデンコンビ。「サハリンの灯は消えず」のザ・ジェノバと競作になったGS歌謡の佳曲。
- 69/02/10 サウンド・トラック ロミオとジュリエット 18 26.4 作曲:Nino Rota シェイクスピアの不朽の名作映画『ロミオとジュリエット』のサントラ。ジュリエット役のオリビア・ハッセーは当時16才、のちに布施明と結婚したが…。映画音楽界の巨匠、ニーノ・ロータが手掛けた美しくも物悲しいメロディが映画にマッチしてロングヒットした。サントラLPも2年以上売れ続けた。
- 69/02/17 都 はるみ 好きになった人 24 20.0 作詞:白鳥朝詠
作曲:市川昭介
(1976年「北の宿から」でTOP10入り)
- 69/03/03 バニラ・ファッジ キープ・ミー・ハンギング・オン 11 20.6 詞曲:B.Holland・L.Dozier・E.Holland 実験的なサウンドで"アート・ロック"と呼ばれた4人組ロックバンド。このデビュー曲で米国のTV番組『エド・サリバンショー』にも出演。66年シュープリームスのカバーで、日本では4週連続11位止まり。この翌年解散したが、何度か再結成している。86年にはキム・ワイルドのカバーがディスコで大ヒット。
- 69/03/10 ビリー・バンバン 白いブランコ 15 20.9 作詞:小平なほみ
作曲:菅原進
編曲:森岡賢一郎
(1972年「さよならをするために」でTOP10入り)
- 69/04/14 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ(ワン・ツー・パンチ) 12 29.3 作詞:星野哲郎
作曲:米山正夫
編曲:小杉仁三
(1971年「大勝負」でTOP10入り)
- 69/05/26 高田恭子 みんな夢の中 17 17.5 作詞・作曲:浜口庫之助
編曲:小谷充
同志社女子高在学中に関西フォークの高石友也、フォーククルセダーズらと活動し、67年ザ・マイクス(マイク真木が結成したGS)の2代目ボーカルとしてデビュー。翌年「第1回カンツォーネコンクール」に優勝。浜口庫之助の門下となり、このソロデビュー曲でレコ大新人賞や紅白にも出場した。80年引退し結婚。漫画家の藤子不二雄Aは彼女の大ファン。
- 69/06/02 レーモン・ルフェーヴル・グランド・オーケストラ シバの女王 26 32.3 作曲:Laurent 56年ダリダのバックオーケストラとして結成したフランスの老舗楽団。67年ローラン「サバの女王」のカバーで、74年2月までTOP100に110週チャートインしたイージー・リスニングの金字塔。グラシェラ・スサーナの日本語盤も74年〜77年にかけてヒットした。元フルート奏者のレイモンは2008年他界。日曜喫茶室のテーマ「想い出のラスト・キッス」もおなじみ。
- 69/08/25 ズー・ニー・ヴー 白いサンゴ礁/涙のオルガン 18 17.7 作詞:阿久悠
作・編曲:村井邦彦
68年11月「水夫のなげき」でデビューした6人組のカレッジ・フォーク系GS。当初「涙のオルガン」がA面だったが、ヒックリ返って作詞家・阿久悠の出世作に。4枚目の「ひとりの悲しみ」は尾崎紀世彦が「また逢う日まで」と改題して大ヒット。71年暮れに解散。ジョーことボーカルの町田義人はソロになり、78年「戦士の休息」が久々にヒットした。当初のバンド名はズーム・ブーム5。
- 69/09/15 和田アキ子 どしゃぶりの雨の中で 19 17.0 作詞:大日方俊子
作曲:小田島一彦
編曲:山木幸三郎
(1971年「天使になれない」でTOP10入り)
- 69/10/06 大川栄策/
アントニオ古賀
目ン無い千鳥/
新妻鏡
53 18.0 作詞:サトウハチロー
作曲:古賀政男
編曲:佐伯亮
オリジナルは霧島昇&松原操夫妻のデュエット。小島政二郎が雑誌「主婦の友」に連載し、1940年山田五十鈴の主演映画『新妻鏡』の挿入歌として作られた曲。事故で失明した美しい女性を目ン無い千鳥に例えた。当初はアントニオのTBSドラマ『新妻鏡』の主題歌がA面だったが、大川の挿入歌の方がヒットしたため両A面に。65年島倉千代子もカバーしている。
- 69/10/13 ちあきなおみ 雨に濡れた慕情 23 16.8 作詞:吉田央
作曲:鈴木淳
編曲:森岡賢一郎
(1970年「四つのお願い」でTOP10入り)
- 69/10/20 愛川みさ 誰にも云わないで 23 16.2 作詞・作曲:遠藤実
編曲:只野通泰
本名・小山照美。旧知の松尾和子のすすめで作曲家・利根一郎の弟子になり、65年"鳩山てるみ"の芸名で「愛情街道/私は泣かない」でデビュー。この曲でミノルフォンから再デビューした美人歌手。埼玉県鳩ヶ谷市出身で父親は町議会議長。83年に小久保尚美(競輪の中野浩一夫人)もカバー。
- 69/12/01 ダニエル・ビダル 天使のらくがき 12 16.7 詞曲:P.Carli・Potiomkin シャルル・アズナヴールにスカウトされ、このデビュー曲が日本でヒットしたフランスの17才。フランス人形のような愛らしさで「オー・シャンゼリゼ 」も大ヒット。日本の"カワイコちゃん歌手"のルーツで、80年チャコとヘルス・エンジェルの柴田功と結婚したが破局。オリジナルは65年のエディタ・ピエーハ。ボニー・ジャックスも「隣の恋人」というタイトルでカバーしている。
- 69/12/08 加藤登紀子 ひとり寝の子守唄 15 20.4 作詞・作曲:加藤登紀子
編曲:森岡賢一郎
(1971年「知床旅情」でTOP10入り)

ヒット歌手名鑑