ちゃとまに 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10入りした歌手の全データベース


1972(S47)年

♪よしだたくろうを筆頭にフォーク勢が活躍♪

よしだたくろう あがた森魚

印は紅白出場歌手
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
139 72/01/24 ペドロ&カプリシャス 別れの朝 1 55.7 作詞・作曲:ウッド・ユルゲンス
日本語詞:なかにし礼
編曲:前田憲男
リーダーのペドロ梅村が結成した7人組ラテン・ロックバンド。ウド・ユルゲンス「夕映えのふたり」(17位)のカバー。歌唱力バツグンだった宝塚出身の美人ボーカル前野曜子は神経過敏症で72年11月脱退、代わりに元スクールメイツの高橋まり(現真梨子)が加入し「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」がヒット。前野はソロでヒットも放ったが、88年に40才の若さで孤独死している。
140 72/02/21 森田健作 友達よ泣くんじゃない 2 38.0 作詞:阿久悠
作・編曲:鈴木邦彦
映画『夕月』で黛ジュンの相手役に抜擢され、69年「夕陽の恋人」(57位)で歌手デビューしたモリケン。サンミュージック第1号タレント。71年スポ根ドラマ『おれは男だ!』がアタリ主題歌「さらば涙と言おう」(20位)が初ヒット。当時はブロマイド売上No.1の人気だった。長らく独身だったが86年元スチュワーデスと結婚。明治学院大では法律を専攻し92年参院選に初当選。現在は千葉県知事。首位は天地真理「ちいさな恋」に阻まれ3週連続2位だった。
141 72/02/28 スリー・ドッグ・ナイト オールド・ファッションド・ラヴ・ソング 10 18.3 詞曲:P.Williams 68年秋デビューした米の7人組実力派ロックバンド。70年「ママ・トールド・ミー」(61位)、71年「喜びの世界」(23位)、72年「ブラック・アンド・ホワイト」(20位)もヒットし72、73、75年と3度来日したが、リードボーカルの1人が麻薬所持で捕まり76年解散。男性3人編成のボーカルも珍しかった。のちに再結成。71年ポール・ウィリアムスのカバー曲で、アンディ・ウィリアムスも「ゴッドファーザー」のB面でカバー。
142 72/03/06 メッセンジャーズ 気になる女の子 5 22.0 詞曲:Michael Morgan・John Hoier 67年米国デビュー。シカゴ出身の平均年齢22才の男性4人組バンド。全米では最高62位だがなぜか日本だけで大ヒットし、72年7月来日公演。作者はメンバーのマイケルとジョン。曲の長さが1分58秒とやたら短い。郷ひろみ「男の子女の子」の元ネタ。大塚製薬アミノバリューなど最近もCMによく使われる。
143 72/03/13 よしだたくろう→吉田拓郎 結婚しようよ 3 42.2 作詞・作曲:吉田拓郎
編曲:加藤和彦
70年6月「イメージの詩(うた)」でデビュー。この歌詞のとおり72年6月六文銭の紅一点・四角佳子(元レ・ガールズの志麻ゆき)と結婚したフォーク界のプリンス。その後浅田美代子、森下愛子と2度再婚。72年布施明ブッとばし事件、翌年の暴行未遂事件も話題に。74年森進一に提供した「襟裳岬」がレコ大に。03年肺ガンを宣告されたが病を乗り越え復帰。
144 72/03/13 ビョルン&ベニー(ビョルンとベニー) 木枯しの少女 7 18.8 詞曲:B.Andersson B.Ulvaeus 元フーテナニー・シンガーズのビョルン・ウルヴァース、元ヘップ・スターズのベニー・アンダーソン両人によるスウェーデンのフォーク・デュオ。それぞれ結婚した奥さんと73年「ABBA」を結成しスター街道を駆け上ったが、現在はいずれも破局。70年映画主題歌として作られ故国で小ヒットしたデビュー曲だが、翌年本場スウェーデンのポルノ映画「ただれた関係」に使われ、なぜか日本だけで大ヒット。
145 72/04/03 ザ・ニュー・シーカーズ 愛するハーモニー 1 28.1 詞曲:Backer Davis Cook Greenway 68年解散したシーカーズのキース・ポトガーが70年に結成した英の男女5人組フォークグループ。コカコーラのコマソンとして世界中で大ヒットしたカントリー系ソング。女性ツインボーカルのハーモニーが心地いい平和賛歌。71年11月来日。ヒルサイド・シンガーズの競作盤(95位)も出た。
146 72/04/10 石橋正次 夜明けの停車場 1 49.4 作詞:丹古晴己
作曲:叶弦大
編曲:小山恭弘
新国劇の舞台俳優から70年スクリーン・デビュー。同年映画『あしたのジョー』の主題歌「あしたの俺は…」で歌手デビュー。翌年NHKの朝ドラ『繭子ひとり』のスネた青年役で人気者に。子育て評論家としても知られ、次男は小柳ルミ子とウワサがあった俳優・石橋正高。本人もかつてチータと噂があった。不良生徒役で出演したNTV系の人気ドラマ『飛び出せ!青春』挿入歌。
147 72/04/10 青い三角定規 太陽がくれた季節 1 50.2 作詞:山川啓介
作曲:いずみたく
編曲:松岡直也
NTV系ドラマ『飛び出せ!青春』主題歌。元ティーンズとして踊っていた西口久美子(クーコ)、秋吉久美子の前のご主人・岩久茂(クモ)、69年のミュージカル『ヘアー』にも出演したリーダー高田真理(マリ)の3人組フォークグループ。作詞家・山川啓介の出世作で、音楽の教科書にも載った青春賛歌。クモの大学復帰で73年10月解散。翌年6月メンバーを入れ替え「愛のテスト中」で再デビューしたが売れなかった…。マリは06年人身事故で逮捕、直後に投身自殺。
148 72/04/10 沢田研二 許されない愛 4 35.3 作詞:山上路夫
作曲:加瀬邦彦
編曲:東海林修
ザ・タイガースの元ボーカル。愛称ジュリー。解散後、71年「君をのせて」(23位)でソロデビュー。続くこのシングルでGS時代は出られなかった紅白初出場。73年「危険なふたり」で歌謡大賞、75年「Mon amour je viens du bout du monde」がフランスで大ヒット、77年「勝手にしやがれ」でレコ大に輝いた歌謡界のスーパースター。75年ピーナッツの伊藤エミと結婚したが、翌年2度の暴行事件で紅白辞退。89年不倫騒動の末、女優・田中裕子と8年越しの愛を実らせた。
149 72/04/17 ニール・リード ママに捧げる詩(うた) 3 37.6 詞曲:Parkinson 英スコットランド生まれ、当時11才の少年歌手。69年クリスマスパーティーで唄ったのがキッカケでクラブに招かれて唄うようになり、この曲で71年英国デビュー。美しいボーイソプラノで歌い上げる泣きのバラード。故国では全英2位になり日本語盤もヒット。その類稀な歌唱力で天才少年歌手と騒がれたが、74年変声期を機に引退。来日時にはワガママぶりを発揮し担当者を困らせたとか…
150 72/05/15 朱里エイコ 北国行きで 6 35.9 作詞:山上路夫
作・編曲:鈴木邦彦
64年本名"田辺エイ子"の名でデビューしたが売れず16才で単身渡米、67年「恋のおとし穴」で改名して再デビュー。日本人女性歌手では初めてカーネギーホールに立った実力派。レナウンCM「イエ・イエ」も唄っている。スレンダーな脚線美と超ミニで人気を集めたが、晩年は病気を患いかなり太っていた。04年虚血性心不全で他界。母親は舞踏家・朱里みさを。
151 72/05/22 橋 幸夫・若草児童合唱団 子連れ狼 10 41.1 作詞:小池一雄
作・編曲:吉田正
“シトシトピッチャン♪”でおなじみ、劇画『子連れ狼』イメージソング。歌詞は原作者の小池一雄(小池一夫)。映画やドラマも大ヒットし、通算5週間10位という珍記録。児童福祉法により紅白は橋のみ出演。橋としては最後のヒット曲。ドラマで大五郎を演じた西川和孝は政治家に転身したが、99年殺人事件で逮捕された。
152 72/06/05 ハニー・ナイツ ふりむかないで 3 37.3 作詞:池田文彦
作曲:小林亜星
編曲:筒井広志
「ふりむ〜かないで〜♪」で有名なエメロンシャンプーのコマソン。作曲はコマソン界の巨漢、いや巨匠・小林亜星。59年結成し、69年不滅のチンポコソング「オー・チンチン」(15位)が大ヒット。数多くのCMソングや「妖怪人間ベム」「ウルトラマンA」も唄っている4人組コーラスグループ。74年解散。リードボーカル鈴木雅彦(葵まさひこ)は作曲家としても活躍したが84年肝硬変で他界。
153 72/06/26 ビリー・バンバン さよならをするために 1 69.5 作詞:石坂浩二
作・編曲:坂田晃一
69年「白いブランコ」(15位)でデビューした菅原孝&進の兄弟フォーク・デュオ。浜口庫之助の歌謡学校出身。デビュー前せんだみつおがメンバーだった。NTV系ドラマ『3丁目4番地』の主題歌で作詞は主演の石坂浩二。76年不仲で解散したが83年再結成。弟の進は81年「琥珀色の日々」(23位)がCMソングになりヒット。
154 72/07/10 チェリッシュ ひまわりの小径 3 41.2 作詞:林春生
作・編曲:筒美京平
71年「なのにあなたは京都へゆくの」(13位)でデビュー。もともと5人組フォークグループだったが、エッちゃん(松井悦子)と松崎好孝がデキてしまいメンバーが脱退、この曲からデュオ形態に。77年3月二人は結婚。73年「てんとう虫のサンバ」(5位)は結婚式の定番。グループ名はジ・アソシエーションの曲名から。
155 72/07/17 麻丘めぐみ 芽ばえ 3 42.0 作詞:千家和也
作曲:筒美京平
編曲:高田弘
3才からモデルを始め、このデビュー曲で本命・森昌子をおさえレコ大最優秀新人賞に輝いた元祖「フリつけ」アイドル。あの"お姫様カット"も大流行。73年「わたしの彼は左きき」(1位)で紅白初出場。77年TVディレクターと結婚引退したが83年離婚してカムバック。姉は美人歌手の花里あけみ(藤井明美)。剣道1級の腕前。
156 72/07/31 山本リンダ どうにも とまらない 3 38.0 作詞:阿久悠
作・編曲:都倉俊一
11才からモデルを始め、67年デビュー曲「こまっちゃうナ」で紅白初出場。その後低迷したが清純路線からセクシー路線でカムバックし、この曲でアクション歌謡ブームに火をつけた。当初のタイトルは「恋のカーニバル」。ヘソ出しルックのアイデアは本人とか。パパは戦死した駐留米軍人。米米CLUBがステージでカバーし91年リンダブームが再燃、紅白にも返り咲いた。
157 72/08/14 あがた森魚+蜂蜜ぱい 赤色エレジー 7 29.1 作詞・編曲:あがた森魚
作曲:八洲秀章
71年「全日本フォーク・ジャンボリー」で注目されたフォーク歌手。深夜放送から火がつきGパン、ゲタ履きスタイルも話題に。漫画雑誌『ガロ』に連載された林静一の「赤色エレジー」に触発されて作った曲。伊藤久男の「あざみの歌」と似ているため作曲クレジットは八洲秀章。80年代にテクノバンド"ヴァージン・ヴイズ"を結成しアニメ『うる星やつら』のEDテーマもヒットした。
158 72/08/28 森 昌子 せんせい 3 51.4 作詞:阿久悠
作曲:遠藤実
編曲:只野通泰
NTVのタレントスカウト番組『スター誕生!』の初代チャンピオンに選ばれ、この曲で13才でデビュー。美空ひばりの再来と騒がれ、あの"タワシ頭"で人気者に。本名・森田昌子。73年同じスタ誕出身の桜田淳子、山口百恵と「花の中三トリオ」を結成。森進一と86年結婚引退したが、05年離婚し翌年「バラ色の未来」(14位)で20年ぶりにカムバック。
159 72/09/25 郷 ひろみ 男の子女の子 8 27.8 作詞:岩谷時子
作・編曲:筒美京平
映画『潮騒』のオーディションでジャニー喜多川にスカウトされ、72年NHKドラマ『新・平家物語』の経盛役でデビュー。女のコのようなマスクで野口五郎、西城秀樹と「新御三家」と呼ばれた。75年ジャニーズからバーニングへ電撃移籍、ベストテン番組出演辞退宣言、松田聖子との破局など話題も多い。9作のNo.2ヒットをもつが、意外にも1位は74年の「よろしく哀愁」のみ。
160 72/10/02 三善英史 2 58.8 作詞:千家和也
作曲:浜圭介
編曲:近藤進
早くに父を亡くし、円山花街の芸者に育てられた妾の子。薄幸な生い立ちと甘いルックスで、このデビュー曲がレコ大新人賞に。雨の日の情景を描いた千家和也の詞が光る。首位はぴんからトリオに阻まれた。73年小唄の師匠でもある自身の母をモデルにした「円山・花町・母の町」(6位)で紅白初出場。のちにバイセクシャルをカミングアウト。顔はスケートの羽生結弦に似ている。麻雀はプロ級の腕前とか。
161 72/10/23 宮 史郎とぴんからトリオ 女のみち 1 325.6 作詞:宮史郎
作曲:並木ひろし
編曲:佐伯亮
無名の漫談トリオが結成10周年記念に自費制作したこのド演歌が大阪の有線から火がつき16週連続No.1。セールスは「たいやくきん」に次ぐ歴代2位、宮史郎の浪曲師のようなダミ声が中年層にうけた。73年金銭問題で並木ひろしが脱退し“ぴんから兄弟”と“タッグマッチ”に分裂。83年3月解散。宮史郎は2012年多臓器不全のため他界。
162 72/11/06 ギルバート・オサリヴァン アローン・アゲイン 10 22.4 詞曲:O'Sullivan 南アイルランド生まれ、本名レイモンド・エドワード・オサリヴァン。当時ポール・マッカートニーに最も注目されるべきアーティストにあげられたシンガーソングライター。このノスタルジックなサウンドが世界中で大ヒット、全米では6週連続No.1になったが日本では1週だけTOP10入り。ユーミン、井上陽水の愛聴盤でもある。九重佑三子が「また一人」というタイトルで71年カバーした珍盤も…。ハニカミ屋でデビュー当時TVにあまり出なかった。1991年初来日。
163 72/11/27 千葉紘子 折鶴 9 27.7 作詞:安井かずみ
作曲:浜圭介
編曲:森岡賢一郎
70年「全国カンツォーネコンクール」で優勝し、翌年7月「恋する女に悔いはない」でナベプロからデビュー。フジTV『スターどっきりマル秘報告』や『ルックルックこんにちは』のレギュラーも。調理師や教員免許をもっており、83年から少年院の篤志面接委員となり青少年の非行問題にも携わっている。小柳ルミ子のアルバム曲のカバー。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
- 72/01/03 シモンズ 恋人もいないのに 21 17.2 作詞:落合武司
作曲:にしおかたかし
編曲:葵まさひこ
透き通った歌声が人気を呼んだ、田中ユミと玉井タエによる大阪出身の女性フォーク・デュオ。MBSラジオ『ヤングタウン』のオーディションに合格し、このデビュー曲でレコ大新人賞に。作曲は"五つの赤い風船"の西岡たかし。74年玉井と後藤次利の結婚で解散したが、78年木之内みどりの"恋の逃避行"の余波で破局。その後田中は社長夫人、玉井は英語教師に。明治チェルシーの初代コマソンも有名。
- 72/02/07 坂本スミ子 夜が明けて 14 17.3 作詞:なかにし礼
作・編曲:筒美京平
58年ラテン歌手としてデビュー、61年NHKのバラエティ番組『夢であいましょう』で人気者に。「たそがれの御堂筋」以来のヒットになったこのアーバン歌謡でカムバックし、83年の映画『楢山節考』では前歯を抜く体当たりの演技で脚光を浴びたが、例の大麻騒動で芸能界から姿を消した。栗原はるみの夫“栗原玲児”は元ダンナ。娘は歌手の石井聖子。現在は熊本で幼愛園の園長をしている。
- 72/05/29 ポール・サイモン 母と子の絆(きずな) 12 17.3 詞曲:P.Simon サイモン&ガーファンクル解散後、米国初のレゲエサウンドを取り入れたこのソロシングルが全米4位の大ヒット。2ndアルバム「ポール・サイモン」からのシングルカット。75年アルバム「時の流れに」でグラミー受賞。阪神タイガースの大ファンで90年の紅白で「明日に架ける橋」を中継で唄っている。2014年歌手で妻のエディ・ブリッケルと夫婦ゲンカして逮捕された…
- 72/07/03 もとまろ サルビアの花 11 22.3 作詞:相沢靖子
作曲:早川よしお
編曲:岸根孝雄
青山学院大と短大生の海野圭子、山田ますみ、織間千佳子の3人組フォークグループ。71年「第3回作曲コンクール」(後のポプコン)でオフコースが唄って入賞した曲を3人が録音し、ニッポン放送「コッキーポップ」で流れ大反響になりレコード化。岩渕リリ(45位)、鳳蘭、川奈真弓、NOWの競作盤も出たが、ヒットした時すでにグループは解散していた。オリジナルは元ジャックスの早川義夫。
- 72/09/04 ニーノ・ロータ(サウンドトラック) ゴッドファーザー 愛のテーマ 12 20.7 作曲:Nino Rota 前年『ある愛の詩』でひと山あてた米のパラマウント映画『ゴッドファーザー』の主題歌。競作になったアンディ・ウィリアムスや尾崎紀世彦、ポール・モーリアのカバーも大ヒット。フェデリコ・フェリーニ監督の『道』、アラン・ドロンの出世作『太陽がいっぱい』、不朽の青春映画『ロミオとジュリエット』などあまたの映画音楽で知られるイタリアの大作曲家。79年4月心臓発作のため68才で他界。
- 72/10/02 本田路津子 耳をすましてごらん 11 21.5 作詞:山田太一
作・編曲:湯浅譲二
視聴率53.3%を記録したNHKの朝ドラ『藍より青く』主題歌。90年南野陽子もカバーした佳曲。70年ハルミラフォークコンテストに優勝し、同年「秋でもないのに」(34位)でデビュー。透き通った歌声で森山良子の再来といわれたフォーク歌手。ちなみに路津子(るつこ)と読む。75年結婚して一時引退したが、現在は教会を中心にゴスペルシンガーとして活動。71年ピート・シーガーのカバー「一人の手」、72年「小犬のプルー」(NHK「みんなのうた」)もおなじみ。
- 72/11/20 25 16.2 作詞・作曲:吉田拓郎 72年「人生なんてそんなものさ」でデビューした吉田拓郎の元バックバンド。拓郎がプロデュースしたこの2ndでブレイク。メインボーカルは田口清。常富喜雄と内山修は「海は恋してる」のザ・リガニーズの元メンバー。73年加入した大久保一久は、翌年かぐや姫の伊勢正三と「風」を結成し、75年「22才の別れ」(1位)が大ヒット。75年解散、2004年に30年ぶりに再結成。
- 72/12/11 平 浩二 バス・ストップ 11 22.4 作詞:千家和也
作・編曲:葵まさひこ
本名・平頼敏。長崎県佐世保出身。高校卒業後上京し、青木光一の経営する新宿のクラブで唄っているところを作曲家の野崎真一に認められ、69年「なぜ泣かす」でデビュー。71年西田佐知子やクールファイブとの競作盤「女の意地」(42位)のヒットで注目された。この曲はもともと南沙織のために作られ、作曲はハニー・ナイツの葵まさひこ。前川清は小中学校の同級生。弟はアニソン歌手・たいらいさお。最近ナツメロ番組でもよく見かける。

ヒット歌手名鑑