ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10登場歌手のオールデータ


1973(S48)年

♪天地真理、南沙織に続けとヤングアイドル続々デビュー♪

アグネス・チャン 浅田美代子

印はミリオンセラー
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
164 73/01/29 梶 芽衣子 怨み節 6 34.3 作詞:伊藤俊也
作・編曲:菊池俊輔
少女雑誌のモデルから65年本名・太田雅子でスクリーン・デビュー。清純ムードから任侠路線に180度転向し、映画『女囚さそり』シリーズの主演で人気沸騰。これはその主題歌。三上寛をお手本に語るように歌って大ヒットした。作曲者は『ドラえもん』『仮面ライダー』でおなじみの菊池俊輔。妹は歌手の有沢とも子(太田とも子)。鋭い眼光が魅力的な個性派女優。
165 73/02/05 ガロ 学生街の喫茶店/美しすぎて 1 77.2 作詞:山上路夫
作曲:すぎやまこういち
編曲:大野克夫
71年10月「たんぽぽ」でデビューしたボーカル(大野真澄)、マーク(堀内譲)、トミー(日高富明)による3人組フォークグループ。発売当初は「美しすぎて」がA面で82位のヒットに終わったが、72年末頃からラジオでリクエストが殺到、急遽AB面入れ替えて大ヒット。美しいコーラスでアイドル的人気を誇ったが76年3月解散。当時かなり不仲だった。トミーは86年投身自殺、マークも2014年胃ガンで他界。
166 73/02/12 アグネス・チャン ひなげしの花 5 32.8 作詞:山上路夫
作曲:森田公一
編曲:馬飼野俊一
本名・陳美齢(チャン・メイリン)。香港の人気シンガーだった彼女を平尾昌晃がスカウトして日本デビュー。カン高い歌声とトレードマークの白いハイソックスで人気アイドルに。この年上智大に推薦入学。人気絶頂の76年突然引退宣言してカナダ留学。78年復帰し、林真理子との"子連れ論争"が話題に。柏原よしえの「ハロー・グッバイ」はもともと彼女の曲。姉アイリーンも71年「いちご娘」で日本デビューしている。
167 73/03/26 大信田礼子 同棲時代 6 24.1 作詞:上村一夫
作曲:都倉俊一
編曲:高田弘
72年同棲ブームを巻きおこし、この年由美かおる主演で映画化された上村一夫の劇画『同棲時代』の主題歌。バツグンのプロポーションでドラマ『プレイガール』や東映『ずべ公番長』シリーズなどで活躍したセクシー女優。74年作曲家・都倉俊一と電撃結婚したが78年離婚。イントロのナレーションは元NTVアナの阿井喬子。
168 73/04/09 野口五郎 オレンジの雨 6 22.2 作詞:吉田栄子
補作詞:大日方俊子
作曲:筒美京平
編曲:高田弘
11才で「日清ちびっ子のどじまん」に出場、13才で上京しスクールメイツに加入後、71年「博多みれん」で演歌歌手としてデビュー。同年アイドル路線に転向した「青いリンゴ」(14位)が初ヒットした。ギターやドラムもこなす音楽ツウ。NTV『カックラキン大放送』で得意のダジャレが開花した。ピンク・レディーのケイや斉藤慶子とウワサになったが、01年タレント三井ゆりとゴールイン。代表曲「私鉄沿線」(1位)を作曲者・佐藤寛は実兄。
169 73/04/23 あのねのね 赤とんぼの唄/魚屋のおっさんの唄 3 36.4 作詞:清水国明
作曲:原田伸郎
京都産業大学のオチ研仲間、清水国明と原田伸郎によるフォークデュオ。歌詞が残酷だとNHKで放送禁止になったナンセンスソング。後輩の笑福亭鶴瓶は元メンバー、付き人に清水アキラやバブルガム・ブラザーズの近藤伸明もいる。79年「ネコ、ニャンニャンニャン」「パンツ丸見え体操」がチビッ子に大流行。『ヤンヤン歌うスタジオ』やモノマネ番組の司会などバラエティでもひっぱりダコ。
170 73/05/07 浅田美代子 赤い風船 1 48.1 作詞:安井かずみ
作・編曲:筒美京平
第2の天地真理のキャッチフレーズで、72年ドラマ『時間ですよ』のお手伝いさん役でデビュー。NHKオーディションに4回落ちて話題になった元祖「歌ヘタ」アイドル。愛称ミヨちゃん。この番組挿入歌が発売3週で1位になりレコ大新人賞に輝いた。77年吉田拓郎と結婚引退、84年離婚してカムバック。バラエティでは得意の天然ボケぶりを発揮。アイドル仲間では南沙織、栗田ひろみ、麻丘めぐみと仲がイイ。
171 73/06/25 西城秀樹 情熱の嵐 6 24.6 作詞:たかたかし
作曲:鈴木邦彦
編曲:馬飼野康二
広島のジャズ喫茶でスカウトされ、72年「恋する季節」(42位)で歌手デビュー。キャッチフレーズは"ワイルドな17才"。レコ大新人賞は1票差で郷ひろみに敗れた。「ちぎれた愛」「激しい恋」「傷だらけのローラ」などが大ヒットし、79年ヴィレッジ・ピープルのカバー「YOUNG MAN」(1位)が日本歌謡大賞に。03年脳梗塞で倒れたがリハビリを経て復帰した。
172 73/07/02 金井克子 他人の関係 7 30.4 作詞:有馬三恵子
作・編曲:川口真
元ダンサーで、67年NTV『レ・ガールズ』で一世を風靡した由美かおる、奈美悦子らを生んだ西野バレエ団のリーダー的存在。66年「ラバーズ・コンチェルト」で紅白初出場。「バンバン・ババンバン〜♪」の妖しげなコーラスと妙なフィンガー・アクションが大流行。現在は医者の妻。2014年一青窈のカバーがドラマ『昼顔』の主題歌に。
173 73/07/30 チューリップ 心の旅 1 51.4 作詞・作曲:財津和夫
弦管編曲:青木望
71年「私の小さな人生」でデビュー。翌年メンバーチェンジを経て「魔法の黄色い靴」(98位)で再デビュー。業界の評判のワリにヒットが出なかったが、財津和夫から姫野達也にボーカルを交替したこの曲が大ヒット、アイドル的人気を集めた。この年の歌謡大賞放送音楽新人賞ノミネート。幾多のメンバーチェンジを経て89年解散。90年吉田栄作のリメイク盤もヒットした。
174 73/07/30 赤い鳥 紙風船 9 18.9 作詞:黒田三郎
作曲:後藤悦治郎
編曲:瀬尾一三&赤い鳥
69年チューリップ、オフコースも出場した『ヤマハ・ライトミュージック・コンテスト』で優勝した5人組フォークグループ。71年「竹田の子守唄」(22位)が初ヒット、LPも20万枚の大ヒットになったが部落問題で放送禁止に。そのB面「翼をください」は教科書に載り、91年川村かおりのカバーがヒット。Jリーグの応援ソングにもなった。74年8月解散後、ハイ・ファイ・セットと紙ふうせんに分裂。グリコ『プリッツ』のコマソン。
175 73/09/10 あべ静江 コーヒーショップで 9 28.0 作詞:阿久悠
作曲:三木たかし
編曲:馬飼野俊一
東海ラジオの人気DJから歌手に転身、このデビュー曲でレコ大新人賞に輝いた美人シンガー。清楚な雰囲気が大学生や中年ファンにウケ、74年「お元気ですか…」のセリフも大流行した「みずいろの手紙」(7位)で紅白初出場。現在はエバラのCMでもおなじみの女優さん。実はカナリの酒豪家である。
176 73/10/01 山口百恵 青い果実 9 19.6 作詞:千家和也
作曲:都倉俊一
編曲:馬飼野康二
72年第5回スタ誕で準優勝、翌年「としごろ」(37位)でデビュー。続くこのシングルでブレイク。キワどい歌詞が物議をかもした。74年「ひと夏の経験」(3位)、76年「横須賀ストーリー」(1位)などのヒットで一躍トッスターの仲間入り。人気絶頂の80年、恋人宣言した三浦友和と結婚引退。その後いちどもメディア出演していない。この曲は「甘い誘惑」というタイトルでデビュー当初からあった曲。
177 73/10/08 南こうせつとかぐや姫 神田川 1 86.5 作詞:喜多条忠
作曲:南こうせつ
編曲:木田高介
南こうせつ、伊勢正三、山田パンダ(元シュリークス)によるフォークグループ。70年「酔いどれかぐや姫」(79位)でデビューしたがすぐ解散、メンバーチェンジを経て71年再デビュー。アルバム曲だったこの曲が深夜ラジオから火がついたため急遽シングルカットされ、同棲ブームとの相乗効果で7週No.1に!人気絶頂の75年4月解散。
178 73/10/08 フィンガー5 個人授業 1 71.5 作詞:阿久悠
作・編曲:都倉俊一
沖縄の兄妹5人組アイドルグループ。69年上京して"玉元ブラザーズ"から"ベイビー・ブラザーズ"に改め70年「私の恋人さん」でデビュー。72年フィンガー5と改名し当時小学生だったアキラのハイトーンボイスがチビッ子に大うけ、和製ジャクソン・ファイブと呼ばれた。アキラの変声期で人気が急落し、アメリカ公演のあと78年解散。あのトンボめがねは布施明の影響とか。74年の「学国天国」はキョンキョンや慎吾ママもカバー。
179 73/11/12 井上陽水 心もよう/帰れない二人 7 42.3 作詞・作曲:井上陽水
編曲:星勝
九州の炭鉱町出身で歯科医の息子。69年"アンドレ・カンドレ"の名でデビューしたが鳴かず飛ばずで72年再デビュー、翌年「夢の中へ」(17位)が初ヒット、アルバム「氷の世界」が史上初のミリオンセラーに。74年ホリプロから独立。77年大麻で捕まったが81年「ジェラシー」(14位)のヒットで復活。元妻は武田鉄矢の遠縁で今の奥サンは歌手の石川セリ。本名は陽水(あきみ)と読む。もともとベッツィ&クリスために書いた曲。
180 73/12/10 桜田淳子 花物語 9 23.7 作詞:阿久悠
作曲:中村泰士
編曲:あかのたちお
72年スタ誕チャンピオンに選ばれ翌年「天使も夢見る」(12位)でデビュー、強豪ひしめくなかレコ大最優秀新人賞に輝いた。トレードマークは白いエンジェルハット。花の中三トリオでは一番人気だった。75年統一協会に入信、92年合同結婚式も話題になったが翌年の教会問題で長期休業状態に。後年は本格派女優としても活躍。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
- 73/02/12 つなき&みどり 愛の挽歌 15 15.5 作詞:橋本淳
作・編曲:筒美京平
元ブルコメの三原綱木と田代みどり両人による夫婦デュオ。田代は61年「パイナップル・プリンセス」がヒットした元・和製ポップス歌手。ヒデロザ路線で売り出したこのデビュー曲が1発ヒットしたが、二人は77年離婚しコンビを解消。三原は86年ダン池田失踪後のニューブリードのバンドマスターに就任。
- 73/02/19 岡崎友紀 私は忘れない 21 18.1 作詞:橋本淳
作・編曲:筒美京平
66年に子役デビューし、70年主演ドラマ『おくさまは18歳』で吉沢京子と人気を二分したアイドル女優。ブロマイド売上は歴代最高の46ヶ月間連続1位。NTV『紅白歌のベストテン』の司会も務め、80年「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(18位)が久々にヒット。ソニーの御曹司やミュージシャンとの破局を経て、現在はネコと気ままに暮らすセレブ生活。大のスヌーピー好きで自宅にスヌーピー部屋をもっていた。
- 73/03/12 アルバート・ハモンド カリフォルニアの青い空 11 19.7 詞曲:A.Hammond・M.Hazlewood スペインはジブラルタル生まれ、14才からモロッコのストリップ小屋で歌い始め、15才でデビュー。この曲は日本人好みのメロディーがうけ南沙織もシングルでカバーしたが「さらば恋人」とどこか似ている。73年「落葉のコンチェルト」(33位)は「LOVE LOVE LOVE」(ドリカム)の元ネタ。スターシップ「愛はとまらない」などソングライターとしても売れっ子。
- 73/04/23 カーリー・サイモン うつろな愛 11 18.8 詞曲:Carly Simon 姉ルーシーと64年「サイモン・シスターズ」でデビュー、71年ソロデビューした米国の美人シンガーソングライター。ジェームス・ボンドの映画『007 私を愛したスパイ』や『ワーキング・ガール』の主題歌もおなじみ。72年「カントリー・ロード」のジェイムス・テイラーと結婚したが83年破局。この曲はミック・ジャガーがバックコーラスを務め、日本で一発ヒットした。
- 73/05/14 ロバータ・フラック やさしく歌って 24 18.8 詞曲:Norman Gimbel・Charles Fox ピアニストの両親の元でクラシックを学び、69年デビューした米の黒人女性シンガーソングライター。飛行機の機内BGMに流れていたロリ・リーバーマンの原曲('72)を偶然聴き73年にカバー、全米No.1になりグラミーにも輝いた。日本ではネスカフェのCMで有名。96年フージーズのローリン・ヒルもカバー。
- 73/05/28 殿さまキングス 北の恋唄 23 18.3 作詞:千家和也
作曲:彩木雅夫
編曲:藤田はじめ
(1974年「なみだの操」でTOP10入り)
- 73/06/04 八代亜紀 なみだ恋 12 60.0 作詞:悠木圭子
作曲:鈴木淳
編曲:小谷充
(1974年「愛ひとすじ」でTOP10入り)
- 73/06/25 ダリダ,アラン・ドロン あまい囁き(パローレ・パローレ) 28 22.0 詞曲:Michaèle・G.Ferrio 二枚目俳優アラン・ドロンが歌の合間で囁き続け、ヨーロッパ中で大ヒット。「パロ〜レ パロ〜レ♪」でおなじみの曲。日本では中村晃子と細川俊之のカバーも有名。オリジナルは72年にイタリアのミーナ&アルベルト・ルーポが歌ったカンツォーネ。ダリダはフランスの人気美人シンガーだったが、私生活は苦難の連続で87年自ら命を絶った。
- 73/09/17 夏木マリ 絹の靴下 15 15.4 作詞:阿久悠
作・編曲:川口真
(1974年「お手やわらかに」でTOP10入り)
- 73/10/29 高木麻早 ひとりぼっちの部屋 16 17.8 作詞・作曲:高木麻早
編曲:萩田光雄
アマチュアフォークを紹介するチェリッシュの番組に出演したのがディレクターの目にとまり、73年『第5回ポプコン』歌唱賞に輝いたこの曲でデビューした女子大生シンガーソングライター。田辺エージェンシー所属の19才。85年引退して結婚、地元・名古屋でレストランバーを経営していたが02年復帰。萩田光雄の編曲家デビュー作。
- 73/11/19 内田あかり 浮世絵の街 16 16.6 作詞:石坂まさを
作・編曲:川口真
地元大阪のジャズ喫茶でスカウトされ、67年本名の大形久仁子でデビュー。翌年マヒナと組んだ「私って駄目な女ね」が大ヒット。その後低迷したが73年"内田あかり"に改名し、このアクション歌謡でカムバック。99年再び"内田明里"と改名したが現在は元に戻している。中山美穂のデビュードラマ『毎度おさわがせします』など女優としても活躍。

ヒット歌手名鑑