ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10登場歌手のオールデータ


1976(S51)年

♪「およげ!たいやきくん」の大ヒット、ディスコ・ブーム日本上陸♪

およげ!たいやきくん ソウル・ドラキュラ

印はミリオンセラー
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
221 76/01/12 子門真人/なぎらけんいち およげ!たいやきくん/いっぽんでもニンジン 1 453.6 作詞:高田ひろお
作・編曲:佐瀬寿一
フジTV『ひらけ!ポンキッキ』から生まれた史上最大のヒット曲。藤浩一の芸名で66年「黄色いレモン」(筒美京平のデビュー作)でデビュー。71年仮面ライダーの主題歌「レッツゴー!! ライダーキック」でアニソンの世界へ。当時は円谷音楽出版社勤務のサラリーマン。トレードマークは丸メガネにカーリーヘア。作曲家すぎやまこういちの一番弟子。一時代を築いたが93年引退。番組当初は生田敬太郎が歌っており、この曲のヒットでタイ焼きがバカ売れした。
222 76/01/26 太田裕美 木綿のハンカチーフ 2 86.7 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:筒美京平・萩田光雄
高3のとき東京音楽学院に入り、スクールメイツからNHK『ステージ101』のコーラス隊を経て、74年「雨だれ」(14位)で歌手デビュー。舌っ足らずな歌声でレコ大新人賞に。アルバム「心が風邪をひいた日」から歌詞とアレンジを一部変え、シングルカットしたこの曲で一躍人気アイドルに。作詞家・松本隆の出世作だが、首位をたいやきくんに阻止された。寿司屋の娘。
223 76/02/02 内藤やす子 弟よ 8 35.4 作詞:橋本淳
作曲:川口真
編曲:あかのたちお
幼少から浪曲師の父親から民謡を習い、ジミ・ヘンドリックスに衝撃を受けロックに転向、75年このヤサグレ歌謡でデビュー。本来はジャズ、ソウル好き。76年ピンク・レディーや新沼謙治をおさえレコ大最優秀新人賞に輝いたが、翌年大麻で捕まり一時休業。89年「六本木ララバイ」(52位)で念願の紅白初出場。06年脳内出血で倒れ、5年も記憶障害が続いたという。
224 76/03/22 ダニエル・ブーン ビューティフル・サンデー 1 192.4 詞曲:D.Boone・R.McQueen 朝のTBSテレビ『おはよう720』キャラバンⅡのテーマ。競作盤との相乗効果で15週連続No.1。洋楽史上最大のヒットシングルだが、全米では72年に15位の中ヒットに終わった曲。日本でも「すてきなサンデー」という邦題で一度発売されている。ヒゲとハンチング帽がトレードマーク。英国ロンドンでいまも活動するシンガーソングライター。
225 76/04/05 田中星児 ビューティフル・サンデー/オー・マリヤーナ 4 54.3 詞曲:R.McQueen・D.Boone
訳詞:亜美ゆう
編曲:あかのたちお
69年日本シャンソンコンクールで入賞し、翌年NHK『ステージ101』のヤング101のメンバーでデビュー。71年からNHK『おかあさんといっしょ』にレギュラー出演した元祖・うたのお兄さん。チビっ子向けの「北風小僧の寒太郎」「アイアイ」、森永チョコボールのCMもおなじみ。ビジーフォーのグッチ裕三はイトコ。上記ダニエル・ブーンのカバーだが当初はB面扱い。
226 76/04/19 因幡 晃 わかって下さい 3 65.6 作詞・作曲:因幡晃
編曲:クニ河内
秋田県出身の元鉱山技師。幼少から父親に民謡を習い、75年のポプコンでこの曲が優秀曲賞に。ちなみにグランプリは中島みゆきの「時代」だった。77年仏語盤も世界6ヶ国で発売。アルバム「何かいい忘れたようで」(2位)は2年にわたるロングセラー。歌うときなぜか運転手ポーズになる。
227 76/05/17 トランザム ビューティフル・サンデー 9 27.0 訳詞:松本隆
作詞:DANIEL BOONE
作曲:ROD McQUEEN
編曲:チト河内
元ザ・ハプニングス・フォーのチト河内率いるスタジオミュージシャン集団。「コカ・コーラ」「とんがりコーン」「雪印ネオソフト」などのコマソンやテレビドラマのサントラも数多く手がけた実力派バンド。サワヤカなボーカルは高橋伸明(高橋のぶ)。初期メンバーに後藤次利もいた。本家のダニエル・ブーン、田中星児と競作になり3作が同時TOP10入り。
228 76/05/24 都 はるみ 北の宿から 1 143.5 作詞:阿久悠
作曲:小林亜星
編曲:竹村次郎
64年「困るのことヨ」でデビュー。同年「アンコ椿は恋の花」が大ヒット、レコ大新人賞に輝き、あのウナリ節で一躍スター歌手に。この曲は75年の紅白で歌って火がつき翌年レコ大受賞。詞は阿久悠が青森の浅虫温泉で考えた。80年「大阪しぐれ」(2位)はミリオンセラー。平塚「七夕おどり」「岩見沢観光音頭」など、ご当地限定EPも無数に出ている。84年の紅白を最後に引退したが90年復帰。妹は75年「朝の海」(55位)でデビューした野川明美。
229 76/05/31 二葉百合子 岸壁の母 3 96.1 作詞:藤田まさと
作曲:平川浪竜
編曲:白石十四男
4才で浪曲の初舞台を踏み、56年「女国定」でデビュー。68年から立体浪曲で全国を行脚。72年に発売したこの曲が足かけ4年がかりでヒット、紅白出場も果たした。出征した息子を待つ終戦直後の実話がモデル。54年菊池章子のカバーに語りを加えた浪曲歌謡。弟子に内藤やす子、石川さゆり、坂本冬美、玉川カルテットの二葉しげるらがいる。
230 76/07/12 松本ちえこ 恋人試験 5 27.7 作詞:伊藤アキラ
作・編曲:あかのたちお
中3の時NETテレビ『ベスト30歌謡曲』の素人参加コーナーに出場し、74年「ボーイフレンド」(78位)でデビュー。愛称チーコ。76年資生堂「バスボンシャンプー」のCMで一躍人気アイドルになったが、78年の妊娠騒動、翌年「月刊プレイボーイ」でヌードに。84年に日活ロマンポルノ『夕ぐれ族』で春やすことダブル主演して話題になった。
231 76/07/19 ホット・ブラッド ソウル・ドラキュラ 7 41.6 詞曲:L.Melwing・M.Ambruster・P.Duc フランスのスタジオミュージシャンによる覆面ディスコ・バンド。メンバーは78年ボニーM「サニー」のアレンジで有名になったステファン・クリンクハマーやゲイリー・アンウィン、キース・フォージーなど。空前のディスコブームに乗っかり大ヒット。曲のほとんどが女性コーラスとブキミな男の笑い声、当時みんなコレで踊ってました。
232 76/08/02 斉藤こず恵 山口さんちのツトム君 3 49.9 作詞・作曲:みなみらんぼう
編曲:千代正行
74年視聴率53.3%を記録したNHK朝ドラ『鳩子の海』で脚光を浴びた劇団若草の名子役。フォークシンガーのみなみらんぼうが彼女のために作った曲だが『みんなのうた』で川橋啓史が歌って競作ヒットに。学業専念のため中学進学を機に芸能界引退。81年中学校で暴漢に胸を切りつけられる事件も。その後アメリカ人と結婚し、ニューヨークでジャズシンガーとして活躍したが離婚。現在かなり太っている。
233 76/08/23 のこいのこ パタパタママ 6 27.9 作詞:高田ひろお
作・編曲:佐瀬寿一
70年FM東京のDJで人気を集め、71年「9月になれば」でデビューしたフォークシンガー。NHK『お笑いオンステージ』のテーマや『エバラ焼肉のたれ』『オノデンボーヤ』など録音したコマソン約800曲。天地総子、楠トシエ、藤本房子と並ぶコマソンの女王。芸名は本名の猪子育代(いのこいくよ)から。たいやきくんに続いて『ひらけ!ポンキッキ』から大ヒットしたチビッ子ソング。
234 76/09/06 ミス花子 河内のオッサンの唄 5 27.9 作詞・作曲:ミス花子 ファンキーなサウンドと関西弁のミスマッチが痛快なコミックソング。奈良県出身のフォークシンガー。本名・鍵谷和利。大阪の有線から火がつき、川谷拓三主演で映画化され、マンガ「嗚呼!!花の応援団」とともに河内ブームを巻き起こした。ダウンタウン浜田の愛唱歌とか。
235 76/09/13 ジャニス・イアン ラブ・イズ・ブラインド(恋は盲目) 3 36.5 詞曲:Janis Ian 坂口良子主演のTBS系ドラマ『グッドバイ・ママ』主題歌。日本だけでヒットした。グラミーも受賞した米国の元反戦フォーク歌手。77年のドラマ『岸辺のアルバム』の主題歌「ウィル・ユー・ダンス」(40位)も有名。のちに同性愛をカミングアウトし女性と結婚した。
236 76/09/27 加藤 茶/志村ケン 加藤茶の はじめての僕デス/志村ケンの 全員集合 東村山音頭 8 21.1 (東村山音頭)
作詞:土屋忠司
作曲:細川潤一
編曲:たかしまあきひこ
NHK『みんなのうた』からヒットした宮本浩次(現エレファントカシマシ)の「はじめての僕デス」(84位)のカバーと志村が『8時だョ!全員集合』で披露した東村山町制定歌(原曲は三橋美智也)の両A面シングル。志村はこのヒットで人気が出たのち、81年ドリフの仲本と競馬のノミ行為で検挙、96年死亡説も流れた。父親は東村山市名誉市民。
237 76/11/08 芹 洋子 四季の歌 8 41.8 作詞・作曲:荒木とよひさ
編曲:青木望
69年「野に咲くバラのように」でデビューした美人シンガー。75年のアルバムからシングルカットされ「六甲おろし」の立川清登、菅原保徳らと競作ヒットに。オリジナルは72年の“いぬいゆみ”。元フォークグループ・伝書鳩の荒木とよひさの作詞家デビュー作。レコードでは4番までだが実は5番もある。92年交通事故に遭いしばらく記憶喪失になっていたとか。
238 76/11/08 森田公一とトップギャラン 青春時代 1 101.8 作詞:阿久悠
作・編曲:森田公一
天地真理、キャンディーズ、桜田淳子らのヒット曲を手がけた作曲家・森田公一率いる男女6人組バンド。元GSのリーダーたちを寄せ集め69年結成。71年日本航空のコマソン「恋のグァム島」でデビュー。75年「下宿屋」(48位)で再デビュー。名づけ親はダークダックス。森田は北海道・留萌の貧しい八百屋の息子で、お線香「青雲」のCMソングもおなじみ。
239 76/11/15 丸山圭子 どうぞこのまま 5 52.0 作詞・作曲:丸山圭子
編曲:青木望
72年エレックから「心の中の」でデビューしたがレコード会社が倒産し、76年「ひとり寝のララバイ」で再デビュー。アルバム「黄昏めもりぃ」からカットされたこの曲が有線から火がつき"ポスト・ユーミン"の声も。B面「Bye-bye」はシュガー・ベイブがコーラスで参加。78年アレンジャー佐藤準と結婚引退したが破局。83年TBSドラマ『誰かが私を愛してる』の挿入歌「ガラスの森」(30位)が久々にヒット。
240 76/11/29 ピンク・レディー ペッパー警部 4 60.5 作詞:阿久悠
作・編曲:都倉俊一
スタ誕出身のミー(根本美鶴代)とケイ(増田啓子)のアイドルデュオ。コミカルでセクシーな振りがチビッコに大人気、キャラクター・グッズなどが星の数ほど出た。ミリオンセラー5曲、77年から2年間で59週No.1を独占。78年「UFO」(1位)でレコ大に輝いたがアメリカ進出で人気が急降下。80年9月に解散を発表し、翌年の後楽園球場コンサートで解散。
241 76/11/29 オリビア・ニュートン・ジョン カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)/たそがれの恋 6 44.6 詞曲:B.Danoff・T.Nivert・J.Denver クリフ・リチャードに見い出され、東京音楽祭出場後の75年「そよ風の誘惑」(26位)で日本でブレイクした英国のアイドルシンガー。「ジョリーン」「ザナドゥ」「フィジカル」などヒットを連発。映画『グリース』ではあのジョン・トラボルタと共演。当初「たそがれの恋」のB面として発売されたジョン・デンバーのカバーだが、TBS系『おはよう700』のテーマに使われ日本だけでヒット。
242 76/12/20 マイナー・チューニング・バンド ソウル これっきりですか 〜歌謡ヒット・イン・ディスコ'76〜 2 38.5 作詞:阿木燿子 他
作曲:宇崎竜童 他
編曲:ヒーロー高田
「横須賀ストーリー」「きみ可愛いね」「春一番」など76年ヒット曲のディスコメドレー。長戸大幸も在籍したスタジオミュージシャンによる覆面バンド。ボーカルはシンガーズ・スリーだが、TVではアパッチが歌っていた。もともと筒美京平のアレンジだったが、高田弘(ヒーロー高田)が筒美のアレンジを参考に作り直した。この翌年「ソウル・これっきりですよ!!」(31位)というGSメドレーも出た。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
- 76/02/02 スタイリスティックス 愛がすべて 20 21.6 詞曲:Hugo & Luigi・George David Weiss 70年代ソウル&ディスコ界を席捲した米フィラデルフィアの5人組コーラスグループ。パーカッションズとモナークスが合体して68年結成。アレンジャーは「ハッスル」のヴァン・マッコイ。バックコーラスの妙なフリ付けも話題に。最近キムタクの「ギャッツビー」のCMにも使われた。
- 76/02/09 中島みゆき 時代 14 16.4 作詞・作曲:中島みゆき
編曲:船山基紀
(1977年「わかれうた」でTOP10入り)
- 76/02/16 ベイ・シティ・ローラーズ サタデー・ナイト 26 24.8 詞曲:Martin・Coulter (1977年「恋のゲーム」でTOP10入り) ※売上はCBSソニー+東芝盤合算
- 76/03/01 K.C.&サンシャイン・バンド ザッツ・ザ・ウェイ 20 19.6 詞曲:H.W.Casey・R.Finch 73年デビューした米マイアミ出身の6人組ディスコ・グループ。イケメンボーカリスト"KC"ことH.W.ケーシーとリチャード・フィンチを中心に結成した白人・黒人混合バンド。「ゲット・ダウン・トゥナイト」に続くホットなファンキーナンバー。ウルフルズ「ガッツだぜ!!」の元ネタでもある。リチャードは2010年少年への性的暴行で逮捕された。
- 76/03/15 シグナル 20歳のめぐり逢い 14 30.0 作詞・作曲:田村功夫
編曲:惣領泰則
あさみあきお、田村功夫、住出勝則による京都出身のフォークグループ。76年田村が抜け、稲垣達雄が加入。83年解散後、アリスの堀内孝雄とケインズを結成し「逆光線」がスマッシュヒットした。あさみの奥サマはアニソン歌手の堀江美都子。住出は英会話本でも有名。ロングヒットした叙情派フォークの傑作。
- 76/05/03 バンザイ ビバ・アメリカ 25 18.5 詞曲:Subway・Gilsby フランスの人気歌手クロード・フランソワのバックダンサーを売り出すため、スタジオミュージシャンを集めて結成したフランスの覆面ディスコバンド。米建国200年を記念して作られたゴキゲンなディスコ・ナンバー。「チャイニーズ・カンフー」(28位)に続く第2弾シングル。バンド名は日本の昭和天皇訪欧時の「万歳旅行団」に由来する。
- 76/06/07 オリエンタル・エクスプレス セクシー・バス・ストップ 25 18.9 作曲:Jack Diamond 作曲家・筒美京平がDr.ドラゴン(ジャック・ダイヤモンド)名義で作曲とアレンジ、バンドマスターを務めた覆面ディスコバンド。メンバーは鈴木茂(ギター)、後藤次利(ベース)、矢野顕子(キーボード)、林立夫(ドラム)と豪華な面々。コーラスはシンガーズ・スリー。一応洋楽扱いシングル。
- 76/06/21 田山雅充 春うらら 16 21.0 作詞:最首としみつ、補作:中里綴
作曲:田山雅充
編曲:船山基紀
子役から作曲家・浜口庫之助の弟子となり、74年コーラスグループ「赤い花」でデビュー。75年フォークデュオ「たやまと夕子」で再デビュー。同年南沙織がカバーした「人恋しくて」(8位)のヒットで注目されたフォーク歌手。補作詞の中里綴は元ダンナに刺殺されたレ・ガールズの江美早苗。子役時代は映画『モスラ』に中条信二役で出演している。
- 76/08/02 浅野ゆう子 セクシー・バス・ストップ 12 18.9 作詞:橋本淳
作曲:ジャック・ダイヤモンド
編曲:高田弘
TBS『歌う新人王決定戦』で優勝し、74年「とびだせ初恋」(33位)で13才でデビュー。TBS絡みでレコ大新人賞も受賞した研音アイドル。このオリエンタル・エクスプレスのカバーが1発ヒット。バックのコミカルな外人ダンサーも楽しかった。セクシー路線に転向後、バブル時代のトレンディードラマで女優として再ブレイク。キャッチフレーズは"ジャンプするカモシカ"。元巨人の定岡正二や名高達郎とウワサもあった。
- 76/08/02 川橋啓史 山口さんちのツトム君 13 23.2 作詞・作曲:みなみらんぼう
編曲:若松正司
NHK『みんなのうた』から生まれた曲。NHK児童合唱団の8才の男の子で、同じ合唱団に友人の宮本浩次(現エレファントカシマシ)もいた。子役の斉藤こず恵、岡浩也(2代目ケンちゃん)、吉岡秀隆、小鳩くるみら11社競作になったが、これが『みんなのうた』オリジナル。コロムビアなど4社からリリース。B面は堀江美都子「南の島のハメハメハ大王」。
- 76/09/06 異邦人 嗚呼!!花の応援団 15 19.7 作詞:どおくまんプロ
作・編曲:小山恭弘
この年大ブームになった、どおくまんのギャグマンガ「嗚呼!!花の応援団」の映画主題歌。このコミックソングでデビューした男性5人組ロックバンド。ボーカルはハチマキのジョージ五十嵐。全員学ランで歌っていた。「チョンワ、チョンワ」「クエックエッ」「おぬし役者やの〜」などの流行語も生んだ。
- 76/09/13 新沼謙治 嫁に来ないか 31 15.3 作詞:阿久悠
作曲:川口真
編曲:あかのたちお
75年『スタ誕』に史上最高得票で合格し、翌年「おもいで岬」(38位)でデビュー。続くこの曲でレコ大新人賞に輝いた。岩手ナマリの素朴なキャラで紅白は13回出場。角川博は同期のライバル。趣味は伝書鳩。もと左官職人だった。86年に元バドミントンのチャンピオン湯木博恵と結婚したが2011年ガンで先立たれた。
- 76/11/08 ハイ・ファイ・セット 冷たい雨 30 15.5 作詞・作曲:荒井由実
編曲:松任谷正隆
(1977年「フィーリング」でTOP10入り)
- 76/12/06 松崎しげる 私の歌 27 15.4 作詞:喜多条忠
作・編曲:都倉俊一
(1977年「愛のメモリー」でTOP10入り)

ヒット歌手名鑑