ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10登場歌手のオールデータ


1982(S57)年

♪映画、テレビ、CMから多くのヒット曲が誕生♪

嶋 大輔 中森明菜

印はミリオンセラー
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
351 82/01/11 アラジン 完全無欠のロックンローラー 7 29.9 作詞・作曲:高原茂仁 名古屋商科大学フォークソング同好会のメンバーで結成した大所帯バンド。81年「第22回ポプコン」でグランプリに輝いたこの矢沢永吉のパロディ・ソングが一発ヒット。メンバー脱退が相次ぎ、83年ボーカルと女性コーラスの3人だけになり解散。ボーカル高原茂仁はラジオで使っていた"高原兄"に改名後、友人の島田紳助とのコンビで島谷ひとみ、羞恥心、Paboへの提供曲が大ヒット。
352 82/01/25 来生たかお 夢の途中 〜セーラー服と機関銃〜 4 40.6 作詞:来生えつこ
作曲:来生たかお
編曲:星勝
井上陽水のバックバンドから76年「浅い夢」で歌手デビュー。大ファンだった美空ひばりのプロデュースや大橋純子、中森明菜、南野陽子への提供曲も大ヒット。日本のギルバート・オサリヴァンと呼ばれ、TVではあまり喋らず寡黙なイメージ。忌野清志郎とは旧知の仲。姉は作詞家・来生えつこ。こちらが「セーラー服と機関銃」のオリジナルだが、薬師丸ひろ子盤とは歌詞が微妙にちがう。
353 82/02/01 紅麗威甦(グリース) ぶりっこROCK'N ROLL 6 16.6 作詞・作曲:翔
編曲:横浜銀蝿&若草恵
哲太(ボーカル・ギター)、Leer(ギター)、ミッツ(ベース)、桃太郎(ドラム)による全員16才のロックバンド。この曲で横浜銀蝿の弟分としてデビュー。哲太(現俳優の杉本哲太)は横浜でケンカしていたのを銀蝿の嵐が仲裁して芸能界入り。ミッツは横浜銀蝿TAKUの弟。84年3月解散後、哲太を除く3人は元祖ヴィジュアル系バンド"BLACK SATAN"を結成。曲調は「カッコマン・ブギ」とウリふたつ。タイトルは流行語になった松田聖子の「かわいこぶりっ子」から。
354 82/02/15 Sugar(シュガー) ウエディング・ベル 2 48.5 作詞・作曲:古田喜昭
編曲:平野融
横浜の中学の同級生だったモーリ(毛利公子)とクミ(長沢久美子)の「かりんとう」にポプコンで出会ったメインボーカルみき(笠松美樹)が加入して79年結成。遊びで吹き込んだこのデビュー曲がいきなり大ヒット。86年の解散後、ビニ本騒ぎもあったみきはソロシンガーに、クミは広告関係の会社を経営。「くたばっちまえ!!」のモーリはタレントに転身したが、90年出産直前に29才の若さで早世。グループ名は「シオ(塩)らしくない女の子」から。
355 82/02/15 増田けい子 すずめ 9 26.7 作詞・作曲:中島みゆき
編曲:青木望
ピンク・レディー解散後、タレントに転身した"ケイ"のソロデビュー曲。本名・増田啓子。静岡出身、3才で父を亡くし増田家の養女に。ピンク時代は都倉俊一や野口五郎とウワサもあった。2002年に音響会社の社長と電撃結婚したが、2年後に夫の会社が倒産。作者の中島みゆきも85年アルバム「御色なおし」でセルフカバー。
356 82/02/22 嶋 大輔 Sexy気分の夜だから 7 16.2 作詞・作曲:翔
編曲:馬飼野康二
80年横浜銀蝿のコンサートでタバコを吸っているのをスカウトされ、81年「ツッパリ High School Rock'n Roll(試験編)」で銀蝿新メンバーに。翌年この曲でソロデビューした17才。本名・森島裕文。でっかいリーゼントがトレードマーク。2nd「男の勲章」はもともとJohnnyのシングル予定曲。3rd「暗闇をぶっとばせ!!」はオリコン1位に。その後俳優に転向したが、2013年政治家を目指して芸能界引退。石野真子の熱狂的ファンで元親衛隊。ケンカが強いので有名。
357 82/03/15 忌野清志郎+坂本龍一 い・け・な・いルージュ・マジック 1 41.4 作詞・作曲・編曲:忌野清志郎+坂本龍一 キヨシローのファンだった坂本龍一の強いオファーで実現したユニット。資生堂のコマソンになりプロモでの2人の熱い口づけが話題に…。レコーディングでは坂本が楽器のほとんどを担当、RCのチャボも"井戸端矮鶏"名義で参加。「い・け・な・いお化粧マジック」という島田紳助と明石家さんまのパロディ・ソングも出た。坂本は友部正人のレコードに参加して芸能界入り、東京芸大の大学院出身でニックネームは"教授"。この年3月にコンビを解消したためTV出演は数回だけ。
358 82/05/17 シブがき隊 NAI・NAI 16(シックスティーン) 3 25.9 作詞:森雪之丞
作・編曲:井上大輔
TBS系ドラマ『2年B組仙八先生』の不良生徒役で注目された薬丸裕英(ヤッくん)、本木雅弘(モッくん)、布川敏和(フッくん)の3人組アイドル。この曲で"シブがきトリオ"から改名して歌手デビュー。88年解散後は全員ジャニーズから独立し、俳優やタレントに転身。ヤッくんは「マジ」を流行らせた張本人。モッくんは篠山紀信のヘアヌード写真集も話題に。フッくんの妹は元おニャン子、同期のつちやかおりは元妻、「スシ食いねェ!」(10位)では作詞も担当した。
359 82/05/24 山下久美子 赤道小町 ドキッ 2 40.8 作詞:松本隆
作曲:細野晴臣
編曲:大村憲司
80年ナベプロから「バスルームから愛をこめて」でデビュー、翌年「恋のミッドナイト・D.J.」(67位)が初ヒット。元祖・総立ちライブも話題になった大分県出身の女性ロッカー。このカネボウのコマソンで「学園祭の女王」から全国区に。作曲はYMOの細野晴臣、ドラムは高橋幸宏。85年山下の熱烈な求愛でBOØWYの布袋寅泰と結婚したが、今井美樹との不倫で97年破局。現在はシングルマザー。
360 82/06/01 杉本哲太 & LONELY-RIDERS On the Machine(翔と桃子のロックンロール) 7 19.8 作詞:牧野和子
作曲:Johnny
編曲:T.C.R.横浜銀蝿R.S.
たのきん映画『ハイティーン・ブギ』挿入歌。この曲のために結成した銀蝿一家の限定ユニット。メンバーは紅麗威甦の杉本哲太とミッツ、横浜銀蝿の嵐、翔、TAKU、のちの矢吹薫もギターで参加。作詞は「ハイ・ブギ」作者の牧野和子。B面は紅麗威甦の名曲「桃子の唄」。桃子役の武田久美子は83年「噂になってもいい」(14位)で歌手デビューし、のちに貝殻ヌードが話題に。冒頭のセリフ「俺んとここないか?」は氣志團「One Night Carnival」の元ネタ。
361 82/07/05 RCサクセション SUMMER TOUR(サマーツアー) 6 21.7 作詞・作曲:忌野清志郎、仲井戸麗市
編曲:RCサクセション
「い・け・な・いルージュ・マジック」で一躍有名になった忌野清志郎率いるロックバンド。TBS『ヤング720』のオーディションに合格し、70年「宝くじは買わない」でデビュー。当初3人組フォークグループだった。72年「ぼくの好きな先生」(70位)がヒットするがホリプロ独立騒動で休業、79年元・古井戸のチャボ(仲井戸麗一)を加え再デビュー。88年反原発ソング「ラブ・ミー・テンダー」が発禁になり90年また活動停止。派手なファッションやメイクも話題になった。キヨシローは09年ガンで急逝。
362 82/07/19 アン・ルイス ラ・セゾン 3 35.4 作詞:三浦百恵
作曲:沢田研二
編曲:伊藤銀次
本名アン・リンダ・ルイス。兵庫県出身のハーフで父はアメリカ軍人。モデルや劇団で活動後、なかにし礼に見い出され71年「白い週末」(77位)でアイドル歌手デビュー。74年「グッド・バイ・マイ・ラブ」(14位)が初ヒット、ロックに転向して「女はそれを我慢できない」「六本木心中」「WOMAN」などが大ヒット。80年桑名正博と結婚したが4年後に破局。長年の芸能界のストレスで95年頃パニック障害になり活動休止。友人の山口百恵とジュリーが手がけた産後復帰シングル。
363 82/08/16 あみん 待つわ 1 109.0 作詞・作曲:岡村孝子
編曲:萩田光雄
私立椙山女学園の同級生、岡村孝子(タカコ)と加藤晴子(ハコ)の女子大生デュオ。82年2度目のチャレンジで『第23回ポプコン』グランプリに輝いたこのデビュー曲がいきなりミリオンセラー、紅白にも出場したが翌年あっさり解散。岡村はソロになり「夢をあきらめないで」が大ヒット。名古屋出身だが2人とも隠れ巨人ファン。グループ名はさだまさしの「パンプキンパイとシナモンティー」に登場する喫茶店名から。
364 82/08/30 よせなべトリオ 大きな恋の物語 8 16.8 作詞:島武実
作・編曲:佐久間正英
イモ欽に続いてフジTV『欽ドン!良い子悪い子普通の子』から生まれたトシの差20才の企画グループ。松居直美(普通のOL)はこの年「電話のむこうに故郷が」でデビューした元演歌アイドル。生田悦子(良いOL)は元松竹のアイドル女優で過去にアントニオ猪木と付き合っていた。小柳みゆき(悪いOL)はイモ欽の西山浩二と「ニックじゃがあず」を結成した欽ちゃんの弟子。松居がフィリップス所属のため異例の2社からリリース。作者はテクノバンド「プラスチックス」コンビ。
365 82/09/06 サバイバー アイ・オブ・ザ・タイガー 10 24.4 詞曲:Frankie Sullivan・Jim Peterik 元アイズ・オブ・マーチのジム・ピートリックや「黒い炎」のチェイスの残党らで結成した米の5人組ロックバンド。このシルベスター・スタローン主演映画『ロッキー3』の主題歌が全米No.1になり、85年の「ロッキー4」にも曲提供。この年グラミー賞の「ベスト・ロック・グループ」にも選ばれた。グループ名は「生存者」という意味。ケリー・フォン・エリックのプロレス入場テーマでもおなじみ。
366 82/09/13 高樹 澪 ダンスはうまく踊れない 3 31.3 作詞・作曲:井上陽水
編曲:チト河内
劇団いろはのもと子役。銀行員から転身して81年映画で復帰。大人っぽいロングヘアが魅力だった。自ら出演したTBS系ドラマ『金曜ミステリー劇場』のEDテーマになり、アルバムから急遽シングルカット。オリジナルは石川セリの77年シングル(最高57位)で、井上陽水が付き合い始めた頃のセリに贈った曲。ドラマ『スチュワーデス物語』や『ウルトラマンティガ』にも出演。特技はUFOを見ること。
367 82/10/04 一風堂 すみれ September Love 2 45.2 作詞:竜真知子
作・編曲:土屋昌巳
79年「もっとリアルに」でデビューした3人組ニューウェーブバンド。ボーカルの土屋昌巳はりりィや大橋純子のバックバンド出身。キーボードの見岳章は美空ひばり「川の流れのように」など作曲家としても活躍。ドラムの藤井章司はCharと組んだ「スモーキー・メディスン」の元メンバー。ブルック・シールズが出演したこのカネボウのコマソンが一発ヒットしたが、メンバー脱退が激しく84年解散。97年SHAZNAもカバー。
368 82/10/04 中森明菜 少女A 5 39.6 作詞:売野雅勇
作曲:芹澤廣明
編曲:萩田光雄
81年『スタ誕』に史上最高得点で合格し、翌年「スローモーション」(30位)でデビュー。この2枚目はもともと沢田研二のために作られ、歌詞を直して売野雅勇の出世作に。本人が歌うのが嫌でレコーディングでフテくされて歌って大ヒット。タイトルがひっかかりNHKでは放送禁止。新人賞は逃したが2年連続レコ大に輝き、松田聖子と人気を二分するトップアイドルに。89年元恋人マッチのマンションで自殺未遂して人気が下降。6人兄弟の5番目。特技はクラシックバレエとアラレちゃんのマネ。
369 82/10/11 渡辺 徹 約束 2 54.4 作詞:大津あきら
作曲:鈴木キサブロー
編曲:大村雅朗
高校卒業と同時に文学座入り、81年NTV系『太陽にほえろ!』のラガー刑事役で俳優デビュー。翌年4月「彼(ライバル)」(54位)で歌手デビュー。この2ndがキョンキョンと共演したグリコアーモンドチョコレートのコマソンになりヒットした。この翌年からナゾの激太りでバラエティにも進出。父親は流しの艶歌師。元アイドル榊原郁恵は奥サマ。高校時代は友人4人でMCFというバンドのボーカルとギターもやっていた。
370 82/11/15 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気 1 73.6 作詞・作曲:佐々木勉
編曲:桜庭伸幸
元寺内タケシとバニーズの黒沢ひろし(黒沢博)とオーディションで選ばれた元OLの山田喜代子(キーボー)による男女デュオ。もともとハニー・シックスのために作られた曲。当初は兄の黒沢年男が歌う予定が断られ、弟の博が歌うことに。宴会シーズンに有線からヒット。その後シングル3枚出したがいずれも不発で2年あまりで解散。お互い不仲で長らく音信不通だった。
371 82/12/13 大川栄策 さざんかの宿 2 120.9 作詞:吉岡治
作曲:市川昭介
編曲:竹村次郎
高校卒業後に九州から上京、67年古賀政男最後の内弟子に。68年荒巻逸造の本名で「筑後川エレジー」(アントニオ古賀「大川よかたい」のB面)でデビュー。翌年改名し「目ン無い千鳥」がドラマ挿入歌になり初ヒット、LPもTOP10入りしたがその後ヒットがなく、デビュー15年目にこの曲が有線やカラオケバーから火がついた。趣味は草野球。特技は『ザ・ベストテン』で披露した家業のタンス担ぎ。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
- 82/01/11 クリストファー・クロス ニューヨーク・シティ・セレナーデ 17 22.9 詞曲:P.Allen・B.Bacharach・C.Cross・C.B.Sager 米テキサス生まれのシンガーソングライター。バート・バカラックが作曲し、81年全米No.1になった映画『ミスター・アーサー』主題歌。同年グラミー賞を独占し、80年代のAORシーンを牽引した。デビュー当時ルックスに自信がなく顔も出さずコンサートもやらなかったが、離婚後100キロの巨体を気にしてダイエット。83年のアルバム「アナザー・ページ」はオリコン1位に。
- 82/02/22 ニック・ニューサ サチコ 27 24.6 作詞・作曲:田中収
編曲:ニック・ニューサ
博多のナイトレストラン"LALA"のレギュラーバンドだった5人組バンド。81年結成、作曲家の徳久広司にスカウトされ、このデビュー曲が有線を中心にロングヒット。リーダー田中収の哀愁味あるボーカルがウケた。曲調は「霧の摩周湖」とウリ二つ。田中はGS出身でヒョーキンな性格。グループ名は"New York City New York U.S.A."の頭文字をとった。
- 82/03/22 都 はるみ・宮崎 唯(ただし) ふたりの大阪 21 26.3 作詞:吉岡治
作曲:市川昭介
編曲:斉藤恒夫
都はるみと元ダンナのデュオ。有線からじわじわ浸透、いまでもカラオケで人気のデュエット歌謡。2人はリリース直後に離婚したためプロモーションはほとんどナシ。美声の宮崎は64年"朝月景一"の芸名でデビューしたはるみと同期歌手。14年越しの愛を実らせ77年婚約を発表、79年ハワイで挙式したが82年2月離婚会見。その後"朝月広臣"と改名して作曲家に転じたが、すい臓ガンのため2009年他界。
- 82/04/26 リチャード・サンダーソン 愛のファンタジー 15 17.5 詞曲:Jeff Jordan・Vladimir Cosma 81年の青春映画『ラ・ブーム』主題歌。5才からピアノを始め、バンド活動を経て71年ソロデビューしたイギリスとフランス人のハーフ。ピンクのハート型レコード(1000円)と2種発売され、カゴメ・ジュースのCMがヒットに拍車をかけた。日本ではオスカルというグループもカバー。主演のソフィ・マルソー人気は各国で一大センセーションとなり、この年「夢見るソフィ」(75位)で歌手デビュー。(売上は2種合算)
- 82/08/23 バーティ・ヒギンズ カサブランカ 13 28.5 詞曲:B.Higgins・S.Limbo・J.Healy 46年フロリダ生まれ、本名エルバート・ヒギンズ。かの偉大な文豪ゲーテの末裔。18才からローマンズというバンドを始め、ビーチボーイズやストーンズの前座も務めたAORシンガー。黒いヒゲがトレードマーク。ハンフリー・ボガードの名作映画『カサブランカ』に触発されて作ったこの曲が日本だけでヒット。郷ひろみも「哀愁のカサブランカ」(2位)のタイトルでカバー。
- 82/10/04 桃井かおり・来生たかお ねじれたハートで 13 16.7 作詞:来生えつこ
作曲:来生たかお
編曲:星勝
来生が桃井の大ファンだったため実現した異色デュオ。桃井は68年フジ系『花子ちゃん』でドラマデビューした文学座出身の雰囲気女優。女子美出身でもともと童話の挿絵などをしており、73年「六本木心中」で歌手デビュー、81年「バイバイ子守唄」(20位)がドラマ主題歌になり初ヒット。独特の喋りもよくマネされた。恋多き女といわれ、この年夏目雅子、伊集院静との三角関係も話題に。ジャケは2パターンある。
- 82/10/11 小泉今日子 ひとり街角 13 15.4 作詞:三浦徳子
作曲:馬飼野康二
編曲:竜崎孝路
(1983年「春風の誘惑」でTOP10入り)
- 82/11/29 村下孝蔵 ゆうこ 23 15.3 作詞・作曲:村下孝蔵
編曲:水谷公生
(1983年「初恋」でTOP10入り)
- 82/12/20 角川 博 女のきもち 28 20.0 作詞・作曲:松原謙
編曲:斉藤恒夫
甲子園を目指したが肩を壊して歌手の道に。地元広島や博多、中洲のクラブで歌っているのをスカウトされ、76年「涙ぐらし」(32位)でデビュー。同期の新沼謙治、内藤やす子、ピンク・レディーと新人賞レースを争った。78年「許してください」で紅白初出場。特技は声帯模写とモノマネ。暴力団との黒いウワサもあった。
- 82/12/27 明日香 花ぬすびと 14 18.0 作詞:すずきゆみ子
作曲:菅美奈子
編曲:青木望
82年『第23回ポプコン』で入賞、『第13回世界歌謡祭』グランプリに輝いたこの曲でデビューした女子大生シンガーソングライター。本名・菅(すが)美奈子。芸名は姉が考えた。小6から作曲を始め、B面「2人で」は中2の時に作った曲。作詞のすずきゆみ子は友人。おニャン子の高井麻巳子に提供した「メロディ」「うそつき」もヒットしたが、2013年乳ガンのため49歳の若さで他界。
- 82/12/27 琴風豪規 まわり道 34 26.6 作詞:なかにし礼
作曲:三木たかし
編曲:高田弘
大関昇進祝いに吹き込んだこの曲で歌手デビューした人気力士の琴風。本名は中山浩一、愛称はペコちゃん。有線から火がつき1年以上ロングヒット。石川さゆりとデュエットした「東京めぐり愛」(47位)もカラオケで人気。85年九州場所で引退し、尾車親方として後進の指導に当たったが、弟子の大麻事件で涙の記者会見も記憶に新しい。趣味は切手集め。学生時代は成績がよく教師志望だった。

ヒット歌手名鑑