ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10登場歌手のオールデータ


1983(S58)年

♪花の"82年組アイドル"がぞくぞく登場♪

堀 ちえみ 小泉今日子

印はミリオンセラー
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
372 83/01/10 ローズマリー・バトラー 汚れた英雄 3 35.1 作詞:Tony Allen
作曲:小田裕一郎
編曲:Peter Bernstein
草刈正雄主演の角川映画『汚れた英雄』主題歌。米ロード・アイランドのプロヴィデンス生まれ、35才の金髪女性ロックシンガー。65年ガールズバンド「レディバーズ」を結成し中学生からプロ活動。海外では無名だが、友人リンダ・ロンシュタットのバックなどコーラス経験も長い。83年「光の天使」(8位)はアニメ映画『幻魔大戦』の主題歌になり、元ELPのキース・エマーソンが曲と演奏を担当。
373 83/01/17 わらべ めだかの兄妹 3 88.5 作詞:荒木とよひさ
作曲:三木たかし
編曲:坂本龍一
テレ朝系『欽ちゃんのどこまでやるの』の3つ子役でレギュラーだった高部知子(のぞみ)、倉沢淳美(かなえ)、高橋真美(たまえ)による中学生トリオ。番組で歌ったこの曲が評判を呼び急遽レコーディング、印税配分による童謡論争もあった。この年ドラマ『積木くずし』で世間をアッといわせた高部が6月の「ニャンニャン事件」で番組を降板し、次作「もしも明日が…」(1位)から2人に。「もし明日」のコーラスには小堺一機、関根勤、真屋順子、見栄晴も参加。
374 83/01/24 嶋 大輔・杉本哲太+1 大輔☆哲太のRock'n Roll 6 14.6 作詞・作曲:翔
編曲:若草恵
82年9月に行われた銀蝿一家の嶋大輔と杉本哲太によるジョイント・ライブ『大輔vs哲太 on "ヨ・ロ・シ・ク!!"ROCK'N ROLL集会Live in武道館』発売記念に作られた企画シングル。コワモテ2人のかけ合い漫才のような歌詞がうけてヒット。ギターとコーラスで参加した"プラス1"こと芝一彦は、この年6月"矢吹薫"としてソロデビュー。
375 83/02/07 堀 ちえみ さよならの物語 8 18.7 作詞:岩里祐穂
作曲:岩里未央
編曲:鷺巣詩郎
本名・堀智栄美。81年『ホリプロ・スカウトキャラバン』で優勝し、翌年「潮風の少女」(27位)でデビューした大阪出身アイドル。83年ドラマ『スチュワーデス物語』のクサい演技が話題を呼び「ドジでノロマなカメ」「教官!」のセリフが大流行。87年体の不調を訴え、翌年「夜ヒット」出演を最後に引退。シブがき隊ヤックンとの噂や後藤次利との不倫騒動もあった。のちにママドルとして復帰。3度の結婚で7人の子供がいる。
376 83/02/07 稲垣潤一 ドラマティック・レイン 8 31.4 作詞:秋元康
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
中3からバンドを始め高校卒業後に上京、プロのドラマーとしてディスコや米軍キャンプを廻ったがバンドが解散、Uターンして地元仙台のパブで演奏しているのがTV関係者の目にとまり、82年「雨のリグレット」(65位)でデビュー。この曲はヨコハマタイヤ「アスペック」のコマソンで秋元康の出世作。TVではドラムを叩きながら歌っていた。趣味はショッピング。92年ドラマ主題歌になった「クリスマスキャロルの頃には」(1位)がミリオンセラーに。
377 83/02/14 佳山明生 氷雨 2 79.4 作詞・作曲:とまりれん
編曲:竜崎孝路
本名・長谷茂浩。高校卒業と同時に函館から上京し、70年古賀政男最後の門下生に。77年12月リリースしたこの曲はB面含め4回発売、81年末ごろ北海道の有線で1位になり全国区に。競作の日野美歌、箱崎晋一朗との相乗効果で大ヒットしたが、当時日野のことは大キライだったらしい…。レコードではテープの回転を早めておりステージで歌うのが大変だったとか。芸名はセミプロ時代に美輪明宏(丸山明宏)から2文字もらった。作者のとまりれんは同じプロダクションの歌手仲間。
378 83/02/14 日野美歌 氷雨 5 50.1 作詞・作曲:とまりれん
編曲:高田弘
神奈川県鎌倉市出身。中1から高3まで歌を習い、82年「私のあなた」でデビュー。北海道から九州まで千軒以上のスナックまわり、オリジナルの佳山明生との競作でヒットしたが、紅白出場はコチラだけ。中学1〜2年でスタ誕出場経験もアリ。当時20才とは思えないフケ顔も話題に。特技はピアノとギター、剣道を少々。葵司朗とデュエットしたCMソング「男と女のラブゲーム」(10位)も86年大ヒット。
379 83/02/21 小泉今日子 春風の誘惑 10 14.1 作詞:篠原ひとし
作曲:緑一二三
編曲:萩田光雄
神奈川県厚木出身。81年NTV系『スタ誕』でスカウトされ、翌年「私の16才」(22位)で歌手デビュー。バーニング所属で石野真子の大ファン。この曲で事務所に無断で髪をバッサリ切り、次作「まっ赤な女の子」で人気急上昇。「ヤマトナデシコ七変化」「なんてったってアイドル」「あなたに会えてよかった」など11作がNo.1。"キョンキョン"のニックネームは近所のオバさんが名づけ親。地元では"元ヤン"で有名。
380 83/03/21 EPO(エポ) う、ふ、ふ、ふ、 7 26.3 作詞・作曲:EPO
編曲:清水信之
本名・佐藤栄子。高校時代に竹内まりや「September」のコーラスを手伝ったのがデビューのキッカケ。コマソンや近藤真彦のコーラスに参加後、82年『オレたちひょうきん族』の挿入歌「タケちゃんマンの歌」(36位)が初ヒット、主題歌の「DOWN TOWN」「土曜の夜はパラダイス」も担当。デビュー8年目で声が出なくなりセラピストに転身。東京女子体育大出身。資生堂フェアネスのCMでヒットした春ソング♪
381 83/04/04 石川秀美 Hey! ミスター・ポリスマン 10 15.1 作詞・作曲:松宮恭子
編曲:大谷和夫
河合奈保子に続いて81年「第2回西城秀樹の弟・妹コンテスト」で優勝、翌年「妖精時代」(31位)でデビューした芸映アイドル。ミニスカートからスラリと伸びた脚線美が魅力だった。キャッチフレーズは"さわやか天使"。スポーツ万能で姉は婦人警官。同期の堀ちえみや早見優と仲がいい。90年シブがき隊のヤックンと結婚して芸能界引退。交通事故で早くに父親を亡くしている。ジャケットは2種あり黄色い方が初回盤。
382 83/04/25 早見 優 夏色のナンシー 7 26.9 作詞:三浦徳子
作曲:筒美京平
編曲:茂木由多加
静岡県熱海生まれ、ハワイ育ちの帰国子女。本名・舘野一美。ハワイでスカウトされ、82年バスボンシャンプーのコマソン「急いで!初恋」(36位)でデビュー。この4作目がコカコーラのCMに使われ大ヒット、紅白にも出場した。松田聖子に続くサンミュージック一押しアイドル。得意のバイリンガルを活かして上智大にも合格。シンガーソングライターの山本達彦は遠い親戚。アレンジの茂木由多加はプログレバンド"四人囃子"の元メンバー。
383 83/06/13 村下孝蔵 初恋 3 52.6 作詞・作曲:村下孝蔵
編曲:水谷公生
73年「ひとりぼっちの雨の中」(自主制作盤)でデビュー。ヤマハでピアノ調律師をしながら、80年「月あかり」で本格デビューした遅咲きフォークシンガー。有線からロングヒットした「ゆうこ」(23位)に続くシングル、三田寛子と競作になり大ヒット。歌詞は中2の時の実体験。曲調はベンチャーズがモチーフ。当時TV出演は拒否していた。アコースティック・ギターの名手で、平泳ぎの元オリンピック候補選手。99年脳出血のため46才で早世。
384 83/06/20 原田知世 時をかける少女 2 58.7 作詞・作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆
ポスト薬師丸ひろ子として82年角川映画『伊賀忍法帖』の真田広之の相手役募集で特別賞(グランプリは渡辺典子)に選ばれ、同年フジ系ドラマ『セーラー服と機関銃』でデビュー。その主題歌「悲しいくらいほんとの話」(41位)で歌手としてもデビュー。特技は2才から11年続けたクラシック・バレエ。姉の原田貴和子も86年女優デビュー。作者ユーミンも「ダンデライオン」(知世との競作)のB面でセルフカバーした同名映画主題歌。
385 83/06/27 上田正樹 悲しい色やね〜OSAKA-BAY BLUES 5 34.8 作詞:康珍化
作曲:林哲司
編曲:星勝
72年「金色の太陽が燃える朝に」でデビュー。75年ブルースバンド「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」を結成して再デビュー。愛称キー坊。メガネとヒゲがトレードマーク。大のパチンコ好きで、売れない時代はパチンコで生活していたことも。77年の大麻逮捕後はくすぶっていたが、アルバム用に作ったこの曲が発売から半年後、新宿や大阪の有線からじわじわ売れ始めた。元歌手の林哲司が"曲先"で作った歌。島田紳助、笑福亭鶴瓶、オール阪神などお笑いタレントファンも多い。
386 83/06/27 風見慎吾 僕 笑っちゃいます 6 33.0 作詞:欽ちゃんバンド+森雪之丞
作曲:吉田拓郎
編曲:後藤次利
広島市生まれ、当時成蹊大学の2回生。柳葉敏郎、哀川翔らを輩出したダンスチーム"劇男一世風靡"の前身「零心会」の元メンバー。82年TBS系『欽ちゃんの週刊欽曜日』のオーディションに合格し、番組で歌ったこのデビュー曲が一躍大ヒット。欽ちゃんの意向で賞レースは辞退。運動神経バツグンで特技は少林寺拳法、84年ブレイクダンスを取り入れた「涙のtake a chance」(10位)も大ヒット。88年"風見しんご"と改名。07年愛娘が自宅前で事故死するショッキングな事件も...
387 83/08/01 都 はるみ・岡 千秋 浪花恋しぐれ 3 70.3 作詞:たかたかし
作曲:岡千秋
編曲:斉藤恒夫
都はるみと作曲の岡千秋による異色デュエット。5月に同時リリースしたはるみのデュエット3部作のうちの1曲。ダミ声の岡千秋は五木ひろし「ふたりの夜明け」、中村美律子「河内おとこ節」も手がけた岡山県生まれの作曲家。セリフの関西弁に苦労し、レコーディングに1ヶ月もかかったとか…。歌詞のモデルは戦前の落語家・初代桂春団治。この曲で「第15回日本歌謡大賞」に輝き紅白にも2人で出演。
388 83/08/08 アイリーン・キャラ フラッシュダンス〜ホワット・ア・フィーリング 1 69.7 作詞:Keith Forsey/Irene Cara
作曲:Giorgio Moroder
米のダンス映画『フラッシュダンス』の主題歌。7才で芸能界入り、10才でブロードウェイデビューしたニューヨーク・ブロンクス生まれの黒人女性シンガー。80年ココ役を演じた映画『フェーム』の主題歌がヒットし、ジョルジオ・モロダーが作曲とプロデュースを手がけたこのシングルが全米No.1に。限定2万枚の12インチシングルのほか、TBS『スチュワーデス物語』の主題歌になった麻倉未稀や畑中葉子、宮本典子、山本リンダのカバーEPも出た。サントラLPは年間アルバムNo.1。
389 83/08/15 葛城ユキ ボヘミアン 3 41.4 作詞:飛鳥涼
作・編曲:井上大輔
69年「夜を返して」で田中小夜子の本名でデビュー。71年レコード会社を移籍して朝霧まちと改名。74年ポプコンで譜面歌手として歌った「木曾は山の中」(80位)が最優秀賞に選ばれ、この曲で葛城ゆきとして再々デビュー。80年ロックに転向し、ハスキーなパワフルボイスが話題になった。大友裕子のラストシングルのカバーで作詞はチャゲ&飛鳥のASKA。TBS系ドラマ『水曜日の女・赤い足音』の主題歌。
390 83/08/15 H2O 想い出がいっぱい 6 43.0 作詞:阿木燿子
作曲:鈴木キサブロー
編曲:萩田光雄
長野県上田三中のサークル"学芸委員会"で知り合った中沢堅司と赤塩正樹のフォークデュオ。高校から一緒に音楽活動を始め、大学在学中の76年結成。サザンオールスターズのバックを経て、80年映画『翔んだカップル』(薬師丸ひろ子主演)の挿入歌「ローレライ」でデビュー。音楽の教科書にも載った名曲だが、本人たちの音楽性とかけ離れており85年解散。01年再結成。あだち充原作アニメ『みゆき』のEDテーマで当初は両A面。
391 83/08/22 杉山清貴&オメガトライブ サマー・サスピション 9 27.1 作詞:康珍化
作・編曲:林哲司
78年結成。ポプコンで入賞した前身の"きゅうていぱんちょす"を経て、この曲でデビューした横浜出身の6人組バンド。リゾートミュージックのはしりで、83年3月「東京音楽祭」でグランプリに選ばれ注目された。最大ヒットはJALのコマソン「ふたりの夏物語」(5位)。85年12月後楽園スタジアムで活動休止を宣言し、杉山清貴と1986オメガトライブに分裂。ドラムスの広石恵一は現クレイジーケンバンドのドラマー。バンド名は「最後の種族」というイミ。
392 83/09/05 杏里 CAT'S EYE(キャッツ・アイ) 1 82.0 作詞:三浦徳子
作曲:小田裕一郎
編曲:大谷和夫
ファッションモデルから転身し、78年「オリビアを聴きながら」(65位)でデビュー。本名・川島栄子。アニソンでは異例のヒットになったTVアニメ『キャッツ・アイ』の主題歌。本人の音楽性と違うため当初歌うのをシブったが、5週連続No.1になりセンバツ高校野球の入場行進曲にも選ばれた。続く「悲しみがとまらない」(4位)も大ヒット。中学時代からユーミンの大ファン。竹内まりやは同期シンガーでともに新人賞レースを争った仲。88年山本寛斎の甥と結婚したが93年破局。
393 83/09/12 The Good-Bye 気まぐれOne Way Boy 9 9.0 作詞:橋本淳
作曲:山本寛太郎
編曲:甲斐正人
たのきんトリオから83年アルバム「待たせてSORRY」(4位)でデビューしたヨッちゃん(野村義男)率いるジャニーズ4人組バンド。ギターのヤッチン(曽我泰久)はリトル・ギャングで75年にデビュー。野村はひかる一平と組んで81年デビューする話もあった。このデビュー曲がレコ大最優秀新人賞に輝いたが、90年活動休止。野村はギタリストに転身して浜崎あゆみのバックで活躍、奥サマは元AV女優の野坂なつみ。ドラムはスマープこと衛藤浩一。ベースのスヌーキー(加賀八郎)は2013年病没。
394 83/09/19 アルフィー→THE ALFEE メリーアン 7 37.3 作詞:高見沢俊彦・高橋研
作曲:高見沢俊彦
編曲:ALFEE
72年“コンフィデンス”としてデビューした坂崎幸之助と桜井賢に高見沢俊彦が加わり、74年「夏しぐれ」でデビュー。当初はアイドルフォーク路線で4人組。同じ事務所の研ナオコのバックバンドを経て79年「ラブレター」で再デビュー。81年覆面バンド"BEAT BOYS"名義で出した拓郎メドレー「スターズ☆オン 23」(51位)のヒットや坂崎のラジオDJから火がつき、結成10年目にこの14枚目が大ヒット。坂崎は岡林信康やフォークルなど大のフォーク好き。
395 83/10/10 原 由子 恋は、ご多忙申し上げます 5 24.7 作詞・作曲:桑田佳祐
編曲:桑田佳祐&Head Arrangers
横浜生まれ、愛称ハラ坊。サザンのキーボード担当。中学からギターを始め、81年放送禁止になった「I love youはひとりごと」(35位)でソロデビュー。久々に出したこのモータウン歌謡が資生堂「フェアネス」のコマソンになり初ヒット。詞曲とコーラスはご主人の桑田佳祐。サザンのLPでも「シャ・ラ・ラ」「私はピアノ」「そんなヒロシに騙されて」でボーカルを担当。91年「花咲く旅路」で紅白出場。伊藤つかさ、斉藤由貴、広末涼子への提供曲もスマッシュヒット。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作詞・作曲・編曲 コメント
- 83/01/10 木の実ナナ・五木ひろし 居酒屋 29 19.7 作詞:阿久悠
作・編曲:大野克夫
女優・木の実ナナと五木ひろしによる異色デュエット。もともと阿久悠が五木のアルバムの息抜き用に遊びで作り、デュエット相手にディレクターが木の実を指名。その後カラオケの定番ソングに。木の実は62年「東京キカンボ娘」で歌手デビュー、76年「おまえさん」(39位)、「うぬぼれワルツ」(67位)もスマッシュヒット。細川俊之とのコンビでミュージカルでも活躍。後年パニック障害を告白して話題に。ジャケは2種あり、どちらも木の実のドアップ。
- 83/01/10 フリオ・イグレシアス 黒い瞳のナタリー 34 15.1 作詞・作曲:J.Iglesias・R.Arcusa 68年デビューしたスペイン生まれのポップス歌手。当時売ったLPが1億枚を超え「世界で最も売れた歌手」としてギネス認定された。日本でも熟女人気を独占し、ディナーショーのチケットは即完売、83年のジャパン・ツアーは大成功、LP「愛の瞬間」は年間アルバム2位。“日本のフリオ”こと郷ひろみも「哀しみの黒い瞳」(10位)としてカバーした。原曲は「黒い瞳」というロシア民謡。82年「ビギン・ザ・ビギン」(31位)は最近CMに使われた。
- 83/01/24 ボーイズ・タウン・ギャング 君の瞳に恋してる(キャント・テイク・マイ・アイズ・オフ・ユー) 22 18.2 詞曲:B.Crewe・B.Gaudio 黒人女性ボーカルと怪しげな白人男性ダンサーからなる米の3人組ディスコ・グループ。81年デビューし、2ndアルバムからシングルカットしたこの曲で翌年日本デビュー。キャッチフレーズは「ゲイの街、シスコからさっそうと登場!!」、結成当初は5人組だった。67年全米2位になったフランキー・ヴァリのリメイクで、同年レターメンのカバーもヒット。なぜかエアロビや高校野球の応援歌によく使われる。
- 83/04/11 藤村美樹 夢・恋・人。 13 16.0 作詞:松本隆
作・編曲:細野晴臣
78年引退した元キャンディーズの"ミキちゃん"が大人っぽくイメチェンしてカムバック。父は声楽家、母はピアノ教師という音楽一家。3才から歌を始め、復帰したのはウワサの恋人の借金のため。この年電撃結婚して芸能界をあっさり引退。RCサクセションと佐野元春の大ファン。YMOの細野晴臣が作曲とアレンジを手がけたカネボウ「夢・恋・人。AVA」のコマソン。
- 83/05/30 もんたよしのり with大橋純子 夏女ソニア 16 15.9 作詞:阿久悠
作曲:芳野藤丸
編曲:佐藤準
もんた&ブラザーズの“もんた”と大橋純子の企画デュオ。コーセー化粧品「2ウェイケーキ ソニア」のコマソンで大橋は協力する形で参加。タイトルに商品名を入れるのは最初から指定されていた。2人ともサブちゃんの北島音楽事務所所属。もんたはこの年西城秀樹に提供した「ギャランドゥ」も大ヒット、翌年大橋のシングル「恋はマジック」にデュエットで逆参加した。
- 83/11/14 鳥羽一郎 兄弟船 34 29.1 作詞:星野哲郎
作曲:船村徹
編曲:丸山雅仁
マグロ・カツオ船の漁船員から転身した異色演歌歌手。三重県鳥羽市の漁師の息子で、81年歌手デビューした山川豊の実兄。歌手をめざして上京した弟の紹介で、自身も27歳で上京して作曲家・船村徹の元で3年修業、82年発売したこのデビュー曲が有線を中心にロングヒットした。紅白には20回出場、そのうち7回この曲を歌っている。長男の木村竜蔵も2012年シンガー・ソングライターとしてデビュー。

ヒット歌手名鑑