t ヒット歌手名鑑|1984年
ちゃとまに 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10入りした歌手の全データベース


1984(S59)年

♪チェッカーズがヤングにバカウケ♪

涙のリクエスト 風の谷のナウシカ

印は紅白出場歌手
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
396 1984/01/16 梅沢富美男 夢芝居 8 48.2 作詞・作曲:小椋佳
編曲:桜庭伸幸
「下町の玉三郎」こと大衆演劇界のスーパースター。82年TBS系ドラマ『淋しいのはお前だけじゃない』でちあきなおみの「矢切の渡し」(57位)をバックに踊って注目され、翌年この曲で歌手デビューし有線からロングヒット。作者は自身がファンだった小椋佳。瀬川瑛子は遠い親戚。最近は毒舌タレントとしてバラエティで売れっコ。
397 1984/02/06 フランク・スタローン ファー・フロム・オーヴァー 10 17.7 詞曲:F.Stallone V.Dicola サントラLPがバカ売れした映画『サダデー・ナイト・フィーバー』の続編、ジョン・トラボルタ主演映画『ステイン・アライヴ』の主題歌。ニューヨーク生まれの俳優兼歌手。同映画の監督を務めた俳優シルベスター・スタローンの実弟。映画にマッチした軽快なロックナンバー。
398 1984/02/20 安全地帯 ワインレッドの心 1 71.4 作詞:井上陽水
作曲:玉置浩二
編曲:星勝・安全地帯
73年結成した玉置浩二率いる北海道旭川出身の5人組バンド。81年秋から井上陽水のバックバンドで全国を回り、翌年「萠黄色のスナップ」でデビュー。これは3rdシングルで詞は陽水。カトリーヌ・ドヌーブの息子が出演したサントリー「赤玉パンチ」のコマソン。85年「悲しみにさよなら」(1位)などヒットを連発したが88年休養宣言、90年活動再開。玉置は15歳からポプコンなどに出場し、昔はメンバー全員長髪だった…。
399 1984/02/27 渡辺典子 少年ケニヤ/花の色 9 23.0 作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
編曲:荻田光雄
角川のアニメ映画『少年ケニヤ』主題歌。82年映画『伊賀忍法帖』でデビューした角川三人娘のひとり。翌年高部知子が降板した映画『積木くずし』の体当たり演技が話題になり、84年この両A面シングルで歌手デビュー。95年ヤクルトの西岡洋選手と結婚したが3年で破局。ホリプロスカウトキャラバンの81年決戦大会で堀ちえみに敗れている。
400 1984/03/05 チェッカーズ 涙のリクエスト 2 67.2 作詞:売野雅勇
作・編曲:芹澤廣明
81年ヤマハ『LMCコンテスト』(ジュニア部門)で優勝、83年「ギザギザハートの子守唄」(8位)でデビューした7人組アイドルバンド。トレードマークはチェックの衣装。ボーカル藤井フミヤの髪型も大流行した。この2ndはもともとデビュー曲候補で、デビュー曲から3作がオリコン史上初の同時TOP10入り。84年ヤマハから独立して個人事務所“スリースタープロ”を設立。92年解散。2004年ドラマーのクロベエが舌ガンで急死。メンバーの確執騒動もあった。
401 1984/04/02 倉沢淳美 プロフィール 4 22.8 作詞:売野雅勇
作・編曲:井上大輔
“わらべ”からこの曲でソロデビューした『欽どこ』のかなえちゃん。下馬評では初登場1位といわれたが、ヒットはコレ1曲だった…。欽ちゃんの方針で賞レースはすべて辞退。札幌の握手会でファンに切りつけられる事件も…。現在はオーストラリア人と結婚しドバイでセレブ生活。トシちゃんの大ファンで大のプロレス好き。レコーディングでは同じレコード会社の中森明菜にアドバイスしてもらった。
402 1984/04/09 吉川晃司 モニカ 4 33.9 作詞:三浦徳子
作曲:NOBODY
編曲:大村雅朗
主演映画『すかんぴん ウォーク』でデビューしたナベプロ期待の大型新人。これはその主題歌でデビュー曲。唄は佐野元春唱法。岡田有希子と新人賞レースを争った。高校時代は水球のオリンピック候補選手で、地元広島では“はまちバンド”のボーカルで人気。89年元BOØWYの布袋寅泰と“COMPLEX”を結成し「BE MY BABY」(1位)が大ヒット。作者NOBODYは永ちゃんのバックバンドだった2人組。
403 1984/04/16 安田成美 風の谷のナウシカ 10 21.0 作詞:松本隆
作曲:細野晴臣
編曲:萩田光雄
宮崎駿監督のアニメ映画『風の谷のナウシカ』シンボル・テーマ(主題歌ではない)。作曲はYMOの細野晴臣でコード進行が意外に斬新。中学時代ビオレのCMでデビューし高校1年で青年座入り、84年ナウシカのイメージガールに選ばれ歌手デビュー。唄はヘタクソだったが女優で頭角を現し、88年日本アカデミー主演女優賞を受賞。とんねるず木梨の嫁サン。
404 1984/05/07 芦屋雁之助 娘よ 6 79.8 作詞:鳥井実
作曲:松浦孝之
編曲:池多孝春
大村崑のコメディドラマ『番頭はんと丁稚どん』('59)、フジTV系『裸の大将』('80)でおなじみの喜劇俳優。もともとコメディアンで「インド人もびっくり」のカレーCMも有名。この曲は83年NHK『この人芦屋雁之助ショー』で歌ったところ大反響となり急遽レコード化、52歳の新人歌手としてデビューし紅白出場も果たした。2004年鬱血性心不全のため死去。弟は俳優の芦屋小雁。
405 1984/05/28 中原めいこ 君たち キウイ・パパイア・マンゴー だね。 8 23.7 作詞:中原めいこ・森雪之丞
作曲:中原めいこ
編曲:新川博
カネボウ化粧品のコマソン。高校時代から郷ひろみなどのバックコーラスを務め、82年「今夜だけDANCE DANCE DANCE」でデビューしたシンガーソングライター。鈴木邦彦ポップススクール出身。大のテレビ好き。原田真二とのFM番組の軽妙な語り口も人気。真冬に部屋の中をガンガン暑くし、缶ビール片手に“曲先”で作ったラテン系サンバ歌謡。アレンジャー新川博の出世作。
406 1984/06/04 石川優子とチャゲ ふたりの愛ランド 3 43.8 作詞:チャゲ・松井五郎
作曲:チャゲ
編曲:平野孝幸
CHAGE&ASKAのチャゲと石川優子が組んだ企画デュエット。ともにヤマハ所属でポプコン出身同士。'84 JAL沖縄キャンペーンソングで、沖縄をイメージして作った夏ソング。84年1月六本木のSEDICスタジオでレコーディングが行われ、石川にキーを合わせたためチャゲには少し苦しかったとか…。
407 1984/06/25 小林麻美 with C-POINT 雨音はショパンの調べ 1 52.0 作詞・作曲:GAZEBO P.L.Gimbini
日本語詞:松任谷由実
編曲:新川博
雑誌、CMモデルから72年「初恋のメロディー」(27位)でアイドル・デビュー。自殺未遂騒動など度々休業したが、8年ぶりに出したこのガゼボのカバーが大ヒット。プロデュースは親友のユーミン。コーラスは3人組フォークグループのC-POINT。歌詞の「麻薬」がひっかかりNHKでは放送禁止、TVで一度も唄わなかった。12インチ盤(78位)は武部聡志がアレンジ。80年代は“いい女”の代名詞でプレイボーイで脱いでいる。現田辺エージェンシー社長夫人。
408 1984/07/09 ガゼボ アイ・ライク・ショパン 9 20.4 詞曲:Gazebo P.L.Giombini 上記の「雨音はショパンの調べ」のオリジナル。83年デビューしたイタリアのイケメン・シンガー。本名・パウロ・マゾリーニ。米国人とイタリア人のハーフ。この2ndがヨーロッパ全土でバカ売れし、13ヵ国でゴールド・ディスクやプラチナ・ディスクを獲得した。日本では東京や大阪の有線から火がつき、カンフースタイルの独特のダンスも流行。12インチシングルもリリース。
409 1984/07/23 MIE NEVER 4 27.4 作詞・作曲:Dean Pitchford・Michael Gore
日本語詞:松井五郎
編曲:戸塚修
本名・根本美鶴代。元ピンク・レディーのミー。TBS系ドラマ『不良少女とよばれて』(伊藤麻衣子主演)の主題歌。原曲はオーストラリアのロックバンド“ムービング・ピクチャーズ”が唄った映画『フットルース』の挿入歌(81位)。98年芸名を「未唯」と改めアニメタルレディーのボーカルで活躍。82年主演映画『コールガール』では大胆ヌードに。
410 1984/07/23 菊池桃子 SUMMER EYES 7 19.5 作詞:秋元康
作・編曲:林哲司
中2の時スカウトされ、84年映画『パンツの穴』で主演デビュー。同年「青春のいじわる」でアイドル歌手デビュー。事務所は芸映系のトライアングルプロ。「卒業-GRADUATION-」から「アイドルを探せ」まで7作連続No.1になったが、88年ロックバンド「ラ・ムー」に転向してファンを困惑させた…。趣味はスヌーピーグッズ集め。95年プロゴルファー西川哲(五月みどりの長男)と結婚したが流産や離婚、長女の障害を乗り越え、現在は教育問題にも取り組む。
411 1984/08/06 高橋真梨子 桃色吐息 4 36.8 作詞:康珍化
作曲:佐藤隆
編曲:奥慶一
池上季実子出演『カメリアダイヤモンド』CMソング。B面はドラマ主題歌。初代スクールメイツ出身。73年高橋まりの名でペドロ&カプリシャスの2代目ボーカルでデビューし、78年CMソング「あなたの空を翔びたい」(49位)でソロに。「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などが大ヒット。元クラフトの浜口金吾と破局後、12年間同棲していたカプリシャスのヘンリー広瀬と93年結婚。
412 1984/08/20 飯島真理 愛・おぼえていますか 7 27.1 作詞:安井かずみ
作曲:加藤和彦
編曲:清水信之
83年NHKアニメ『スプーンおばさん』の主題歌「夢色のスプーン」でデビュー。澄みきった声と愛らしい顔立ちで人気となり、文化放送のミスDJでも活躍。当時は国立音大1年生(ピアノ科)だったが2度留年し、ミュージシャン専念のため85年中退。オフコース小田和正の大ファン。本人もリン・ミンメイ役で出演したアニメ映画『超時空要塞マクロス〜愛・おぼえていますか』の主題歌。
413 1984/08/27 一世風靡セピア 前略、道の上より 5 28.8 作詞:セピア
作・編曲:GO TO
渋谷NHKホール前のホコ天で踊っていたストリートパフォーマンス集団「劇男一世風靡」から選抜された7人。メンバーはリーダーの小木茂光、柳葉敏郎(ジョニー)、哀川翔、武野功雄(欽ドンのわる川先生)など。『夜ヒット』出演で人気が出たが、ベストテン番組やレコ大、紅白はすべて出演辞退。85年4月武野が脱退、89年卒団(解散)。スズキのスクーター『ラブスリー』CMソング。作曲はほぼ後藤次利。
414 1984/10/01 木村友衛 浪花節だよ人生は 5 41.2 作詞:藤田まさと
作曲:四方章人
編曲:池多孝春
本業は浪曲師。6歳で初舞台を踏み、67年“中里このえ”の芸名で歌手デビュー。75年“二代目木村友衛”を襲名(関東節での襲名は二葉百合子とこのヒトだけ)。丸1年ひとりでクルマを運転して全国津々浦々をキャンペーンで回り、発売3年後に北海道の有線から火がついた。オリジナルは小野由紀子の76年「旅へ出よう」のB面。13社14名の競作となり売上は細川たかしと分けあった形。意外にもカーマニア。
415 1984/10/01 舘 ひろし 泣かないで 8 24.9 作詞:今野雄二・宮原芽映
作曲:舘ひろし
編曲:神林早人
原宿の元暴走族。キャロルの後釜として75年「紫のハイウェー」(永ちゃん作曲)でデビューした元クールスのボーカル。76年映画『暴力教室』でスクリーン・デビュー。翌年ソロになり「朝まで踊ろう」(61位)がスマッシュヒット。その後石原プロに入りドラマ『西部警察』や『あぶない刑事』シリーズで人気者に。3年ぶりのこのシングルは石原軍団が全面的にバックアップし紅白にも初出場。
416 1984/10/01 SALLY バージンブルー 6 21.4 作詞:さがらよしあき
作曲:鈴木キサブロー
編曲:鈴木キサブロー・大島ミチル
杉本哲太出演「キリンレモン2101」のコマソン。チェッカーズの対抗馬だった5人組バンド。81年高校の文化祭のために作ったインスタント・バンドで、グループ名はロックの名曲「のっぽのサリー」から。プロデュースは元かぐや姫の山田パンダ。ディレクターは元ガロの大野真澄。デビュー直後に脱退した佐藤公彦は94年「“ヘーコキ”ましたね」がスマッシュヒットしたMEN'S 5のボーカル。
417 1984/10/08 岡田有希子 Dreaming Girl〜恋 はじめまして 7 12.9 作詞・作曲:竹内まりや
編曲:萩田光雄
グリコ「セシルチョコレート」CMソング。スタ誕第46回決戦大会でチャンピオンになり、84年「ファースト・デイト」(20位)で歌手デビュー。聖子の後輩だが奈保子ファン。ホリプロ・スカウトキャラバンを7回受けて落ちている。レコ大最優秀をはじめ新人賞を総ナメにしたユッコ、86年4月所属事務所サンミュージックビル屋上から飛び降り自殺(享年18)、ファンの後追い自殺が社会問題化した。
418 1984/12/10 テリー・デサリオ オーバーナイト・サクセス 9 25.6 詞曲:J.Carbone R.Zito T.Desario SONYカセットテープのコマソン。米マイアミ出身の女性シンガー。作詞・作曲・プロデュースは『里見八犬伝』や『愛情物語』の映画音楽を担当したジョーイ・カーボーンとリッチー・ズィトー。CMのために書き下ろし、12インチシングル(62位)もリリース。当初日本のみ発売だったが日本で大ヒットしたためフランスとドイツでも発売された。このヒットで85年『東京音楽祭』にも出場。
419 1984/12/31 テレサ・テン つぐない 6 44.2 作詞:荒木とよひさ
作曲:三木たかし
編曲:川口真
台湾出身のアジアの歌姫。本名・摎君(テン・リー・ユン)。芸名は尊敬するマザー・テレサから。74年「今夜かしら明日かしら」(84位)でアイドル・デビューしたが、2nd「空港」(29位)で演歌に転向しレコ大新人賞受賞。79年の偽造パスポート事件、中国締め出し事件もあったが、84年この再デビュー曲が有線から火がつき、85年「愛人」(10位)、86年「時の流れに身をまかせ」(6位)で3年連続有線大賞に。気管支ぜんそくのため95年5月滞在先の台湾で急死。この曲はテレサが結婚を約束していた彼との別離を詞に込めた。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
- 1984/01/23 麻倉未稀 黄昏ダンシング 12 22.2 作詞:竜真知子
作・編曲:渡辺博也
81年「ミスティ・トワイライト」(31位)でデビューした元ファッションモデル。その美貌と歌唱力でドラマ『スチュワーデス物語』の主題歌「ホワット ア フィーリング」やドラマ『スクール☆ウォーズ』の主題歌「ヒーロー」も大ヒット。本人もシンガー役で出演したTBS系ドラマ『さよならを教えて』挿入歌。2017年TV番組の企画で乳ガンが発覚し左乳房を全摘出した。
- 1984/01/23 ジョン・オバニオン 里見八犬伝 14 19.8 詞曲:Joey Carbone・Kathi Pinto 薬師丸ひろ子の「星よ、導きたまえ」のTVスポットもおなじみ、映画『里見八犬伝』の主題歌。82年「君だけのバラード」で第11回東京音楽祭グランプリに輝いた米の男性シンガー。顔は仲代達矢に似ており、チャールズ・ブロンソンの映画にチョイ役で出演したこともある。2007年ひき逃げ事故に遭い死去。東洋と西洋の音楽を融合させたAORナンバー。
- 1984/02/06 ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン SAY SAY SAY 16 17.8 詞曲:McCartney・Jackson 元ビートルズのポールと元ジャクソン・ファイブのマイケルが組んだ夢のデュエット。82年「ガール・イズ・マイン」(37位)に続く二人のデュエット第2弾。ポールのアルバム「パイプス・オブ・ピース」からのファースト・カット。プロデュースはジョージ・マーティン。12インチシングルも出た。マイケルは72年「ベンのテーマ」(52位)以降しばらく低迷していたが、この年アルバム「スリラー」(1位)でグラミー史上初の8部門を独占、ムーンウォークも大流行!!
- 1984/03/05 原 大輔 秋冬 19 15.4 作詞:中山丈二
作曲:堀江童子
編曲:竜崎孝路
フォークデュオ“レイラ”のボーカルとして76年「サマーエンジェル」(83位)でデビュー。TVアニメ『1000年女王』の主題歌も高梨雅樹名義で唄っているが、この曲から原大輔と改名。オリジナルは心筋梗塞で80年急逝した歌手・中山丈二(66年デビュー)のデモテープで、友人の峰岸徹、石坂浩二、矢島純一、石立鉄男らが翌年自主制作で400枚プレスした追悼盤。高田みづえ、三ツ木清隆(光速エスパー)ら8社9名の競作に。
- 1984/10/08 小林幸子+美樹克彦 もしかして-PARTII 11 29.9 作詞:榊みちこ
作曲:美樹克彦
編曲:竜崎孝路
もともと小林のソロシングルとして発売されたが、作者の美樹克彦とデュエットして大ヒット。美樹は子役出身で目方誠の本名で和製ポップス歌手として15歳でデビュー。歌謡曲に転向し67年「花はおそかった」が大ヒット。82年『ひょうきん族』で山田太郎と組んだ「好きさブラックデビル」(85位)で歌手復帰後はシンガーソングライターに。作詞の榊みちこ(元アイドル歌手・田中美智子)は美樹の元嫁。紅白は小林のみ出場。
- 1984/12/10 ワム! ケアレス・ウィスパー 12 20.4 詞曲:George Michael・Andrew Ridgeley
編曲:George Michael
82年「ワム!ラップ」で英国デビューした中学の同級生ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーによる男性デュオ。日本ではマクセルのCMでアイドル的人気となり、84年「ラスト・クリスマス」(12位)はクリスマスの定番に。86年解散後、ジョージはアルバム「FAITH」でグラミー賞に輝いたが、98年ゲイ騒動で捕まり2016年自宅で死去。故国イギリスではジョージのソロとして発売され、日本では西城秀樹、郷ひろみのカバーもヒットしたバラード。12インチ盤も出た。
- 1984/12/24 宮 史郎 片恋酒 27 15.8 作詞:小川道雄
作曲:酒田稔
編曲:薗広昭
元ぴんからトリオのボーカル。子供の頃から酒場で働き、16歳のとき自主制作で「男の花道」をリリース。アダ名は高校時代につけられたミケやん(トレードマークのヒゲから)。浜崎あゆみとのCM共演も話題になったが、2012年11月多臓器不全で死去。島津ゆたか、三門忠司、樋口三代子ら7社9名の競作になり、なかでもコレが一番売れた。