ちゃとまに 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10入りした歌手の全データベース


1985(S60)年

♪尾崎豊、レベッカ、中村あゆみなどロックシンガー台頭♪

セーラー服を脱がさないで 生意気

印は紅白出場歌手
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
420 1985/02/04 大沢誉志幸 そして僕は途方に暮れる 6 28.2 作詞:銀色夏生
作曲:大沢誉志幸
編曲:大村雅朗
日清カップヌードルCMソング。84年のアルバム「CONFUSION」からアレンジを変えてシングルカットした曲。81年ナベプロ(ノンストップ)からR&Bバンド「クラウディ・スカイ」のボーカルでデビュー。82年ジュリーの「おまえにチェックイン」(8位)の作曲家として注目され83年ソロデビュー。84年資生堂のコマソン「その気×××(ミステイク)」(23位)が初ヒット。作詞はエッセイストで詩人の銀色夏生。TVでは『夜ヒット』で1回唄っただけ。
421 1985/02/04 TOM・CAT(トム・キャット) ふられ気分でRock'n' Roll 4 35.9 作詞・作曲:TOM
編曲:Light house
第15回世界歌謡祭グランプリ曲。大きなサングラスがトレードマークの紅一点・松崎淳美(TOM)を中心とする4人組バンド。ポプコン2度目のチャレンジでこの曲が予選を通過した松崎が急遽結成。CATのメンバーは曲によって入れ替わるユニット方式のプロジェクトバンド。アレンジのLight house(Light House Project)はギタリスト矢島賢がマキ夫人らと結成したバンド。グループ名は米の戦闘機名から。
422 1985/02/18 佐野元春 YOUNG BLOODS 7 17.8 作詞・作曲・編曲:佐野元春 国連「国際青年年」テーマソングで、ザ・スタイルカウンシル「シャウト・トゥ・ザ・トップ」とそっくりな曲。80年「アンジェリーナ」でデビュー、翌年大滝詠一のナイアガラトライアングル参加で注目されたロック歌手。82年アルバム「SOMEDAY」(4位)でブレイク。80年代はTV出演せずライヴ中心の活動。立教大在学中の78年、かたせ梨乃「ムキムキマンのエンゼル体操」(66位)のバックバンド“カツヤクキン”のメンバーに参加している。
423 1985/02/18 吉 幾三 俺ら東京さ行ぐだ 4 35.1 作詞・作曲:吉幾三
編曲:野村豊
千昌夫プロデュース。キャンペーンはとくにしなかったが、北海道の有線からヒットした元祖・ラップ演歌。柏原芳恵主演で映画になった。青森県・五所川原生まれ、本名・鎌田善人。73年山岡英二の名でポップス歌手でデビューしたがサッパリ、77年改名してコミックソング「俺はぜったい!プレスリー」(25位)が初ヒット。千に提供した「望郷酒場」や「雪國」「酒よ」の大ヒットで紅白にも出場。85年TBS系ドラマ『夏・体験物語』(中山美穂主演)ではスケベなエロ教師を熱演!!
424 1985/02/25 C-C-B Romanticが止まらない 2 51.7 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』の主題歌。82年夏、青山の元祖ミニFM局“KIDS”の専属バンドとして結成。翌年ココナッツ・ボーイズとしてデビューした渡辺英樹(ヒデキ)、笠浩二(リュウ)、関口誠人(ゴム)、田口智治(チュウ)、米川英之(ヒーくん)の5人組バンド。87年関口が脱退し89年解散。メンバーのカラフルな髪型も話題に。2015年田口が覚醒剤で逮捕され同年渡辺が病死。メロはYMO風味。打ち込み以外のギター、キーボード、シモンズのフィルはメンバーらのダビング。
425 1985/03/11 斉藤由貴 卒業 6 26.4 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:武部聡志
84年明星「青春という名のラーメン」のCMで注目され、この曲で歌手デビュー。いまや卒業ソングの定番。ドラマ『スケバン刑事』の初代・麻宮サキ役、NHK朝ドラ『はね駒』のヒロイン、86年紅白の司会も務めた。女優志向のため賞レースは辞退。敬虔なクリスチャンだが尾崎豊や川崎麻世、50代医師との不倫で“恋多き女”との声も…。B面「青春」は主演ドラマ『野球狂の詩』挿入歌。弟は87年「ノーブレイク」(67位)で歌手デビューした斉藤隆治。
426 1985/03/25 リマール ネバーエンディング・ストーリーのテーマ 5 23.7 詞曲:G.Moroder K.Forsey ミヒャエル・エンデ原作のドイツ映画『ネバーエンディング・ストーリー』主題歌。美形バンド“カジャグーグー”の元ボーカル。本名クリストファー・ハミル。83年バンドを脱退し翌年『東京音楽祭』で審査員のジョルジオ・モロダーと意気投合、この主題歌を唄うことに。もともとインストで映画の世界公開にあたりリマールのヴォーカル入りで発売。デュエット相手のベス・アンダーソンとは別録りで会ったことがなかった。日本では“いいとも青年隊”の羽賀健二がカバー。
427 1985/04/22 USA for AFRICA ウィ・アー・ザ・ワールド(12インチ) 2 31.1 詞曲:M.Jackson L.Richie バンドエイドの「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」の二番煎じでリリースされたアフリカ飢餓救済チャリティ・シングル。米国内だけで400万枚、全世界で3000万枚売れたゴスペル・タッチの曲。総勢37アーティストが集結し、作者はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチー。プロデュースはクインシー・ジョーンズ。プリンスがスタジオを間違えて遅刻し、セッションをすっぽかした話は有名。同名アルバムは4週連続No.1になりグラミーも受賞。
428 1985/06/10 松任谷由実・小田和正・財津和夫 今だから 1 36.7 作詞・作曲:松任谷由実・小田和正・財津和夫
編曲:坂本龍一
85年6月、国立競技場で7万人集めた大イベント『ALL TOGHETHER NOW』のたった1回のライヴのために作られた曲。レコード会社の枠を超え異例の2社からリリース。バックの演奏は元YMOの坂本龍一(Key)、元サディスティックスの高中正義(G)、後藤次利(B)、高橋幸宏(Dr)の4人。未CD化。
429 1985/07/01 中村あゆみ 翼の折れたエンジェル 4 37.8 作詞・作曲・編曲:高橋研 日清カップヌードルCMソング。山下久美子、白井貴子に続いてブレイクし た女性ロッカー。84年「MIDNIGHT KIDS」でデビュー、翌年NHK教育テレビ「ベストサウンド」の難波弘之のアシスタントで注目された。ハスキーボイスが魅力。平尾昌晃歌謡教室出身で元々アイドル志望。明大中野の同級生にシブがき隊、少年隊、三田寛子、石川秀美、プリプリの奥居香、パパイヤ鈴木がいる。「ふられ気分でRock'n' Roll」の回転数を下げたような曲。
430 1985/07/29 おニャン子クラブ セーラー服を脱がさないで 5 24.7 作詞:秋元康
作・編曲:佐藤準
フジTV系バラエティ『夕やけニャンニャン』から生まれた大所帯アイドル。番組スタート時は11人、オーディションで52人まで増えたが「文春喫煙事件」で何人か辞めている…。この曲のフロントメンバーは新田恵利、福永恵規、内海和子、中島美春のキャニオン所属の4人。番組で着ていた「セーラーズ」も大流行。予想外のブームを巻き起こしたが番組終了に伴い87年9月解散。仕掛け人は秋元康。「ブスっ子くらぶ」「桜っ子クラブ」など二番煎じも多数。
431 1985/08/05 Toshi & Naoko 夏ざかり ほの字組 5 20.1 作詞:阿久悠
作曲:筒美京平
編曲:新川博
『カックラキン大放送』などバラエティー番組での共演も多かった田原俊彦と研ナオコの異色デュオ。同じレコード会社でプライベートでも交友のある二人。この曲は6月26日に東京・九段の一口坂スタジオ(キャニオン本社内)で公開レコーディング、息の合ったハーモニーでこの年のレコ大作詩賞に。
432 1985/09/09 河合その子 涙の茉莉花(ジャスミン)LOVE 1 19.0 作詞:T2
作・編曲:後藤次利
ソニーの『ティーンズ・ポップ'83』で準グランプリに選ばれ(優勝は沢田玉恵)、85年おニャン子オーディションに参加。会員No.12。この曲でおニャン子から初のソロデビュー、おニャン子初のNo.1に。86年ハイソフトのコマソン「青いスタスィオン」(1位)はおニャン子関連では最大ヒット。国生さゆりと同じ元陸上部。所属はナベプロ。88年TV出演拒否宣言しアーティスト路線に変更したが、94年木之内みどりの元ダンナ後藤次利と結婚引退。
433 1985/09/09 LOOK(ルック) シャイニン・オン君が哀しい 8 20.2 作詞・作曲:千沢仁
編曲:LOOK
ACB(アシベ)というライブハウスを経営していた福迫氏(のちのマネージャー)がバンドのメンバーを集め、84年CBSソニーのSDオーディションで優秀賞に(THE東南西北、聖飢魔IIも参加)。このAOR風味のデビュー曲がじわじわ売れ、4ヶ月かかってTOP10入り。ハスキーボイスの鈴木とーるは88年脱退しソロに。2007年Acid Black Cherryもデビュー曲のB面でカバー。協和発酵「サントネージュワインクーラー」CMソング。
434 1985/09/16 とんねるず 雨の西麻布 5 22.1 作詞:秋元康
作曲:見岳章
編曲:高田弘
フジTVの深夜番組『オールナイトフジ』で注目され、84年「一気!」(19位)が初ヒット、翌年『夕やけニャンニャン』で人気が爆発した高校の同級生・石橋貴明と木梨憲武のお笑いコンビ。NTV系『お笑いスタ誕』出身。デビュー曲はアニメ『新・ど根性ガエル』の主題歌「ピョン吉・ロックンロール」('81)。コーラスは内山田洋とクール・ファイブ。
435 1985/10/07 小林明子 恋におちて -Fall in love- 1 95.4 作詞:湯川れい子
作曲:小林明子
編曲:萩田光雄
“キンツマ・ブーム”を巻き起こしたTBS系ドラマ『金曜日の妻たちへIII〜恋におちて』主題歌。当時作家として音楽制作会社に勤め、惣領智子(78年「終りのない歌」がヒット)に作ったボツ曲を自ら唄って大ヒット。学習院大の哲学科卒という才女。ピアノ、ギター、シンセとなんでもこなし、デビュー前はロックやヘビメタのアマバンドを組んでいた。意外にもプログレ好き。英語詞は「しば漬け食べたい」の山口美江が担当。
436 1985/10/14 おニャン子クラブ・うしろゆびさされ組 うしろゆびさされ組 5 20.9 作詞:秋元康
作曲:後藤次利
編曲:佐藤準
フジTV系アニメ『ハイスクール!奇面組』主題歌。河合その子に続いておニャン子からデビューした高井麻巳子(まみまみ)と岩井由紀子(ゆうゆ)のデュオ。奇面組の作者に指名され、当初は「にんじん組」のユニット名で覆面歌手としてデビューする予定だった。シングル6枚のうち、このデビュー曲を除く5枚がNo.1。
437 1985/10/14 中山美穂 生意気 8 11.4 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
中1のとき原宿でスカウトされ、85年TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』のツッパリ娘役で人気者に。同年「C」(12位)で歌手デビューし、TBS絡みでレコ大最優秀新人賞に(本命は本田美奈子)。バーニング系のビッグアップル所属。トシちゃんとフライデーされた後、02年元エコーズの辻仁成(現作家)と結婚しパリに移住したが14年破局。妹は88年「小さな決心」(18位)でデビューした中山忍。この2ndはライム「おもいがけない恋」のパクリ疑惑が...
438 1985/10/28 道上洋三 阪神タイガースかぞえ唄 (5) (11.8) 作詞:清藤耕一
作・編曲:竹村次郎
長寿ラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』のメインパーソナリティー。本業はABCの局アナ。もちろん大のタイガースファン。B面「六甲おろし」は有線でもヒット。元ABCアナの宮根誠司は後輩。シングルカセットがバカ売れしたが、オリコンではアルバム扱いだった。(カッコはシングルカセットとの合算、オリコンでは86年4月から合算)
439 1985/10/28 立川清登・二期会合唱団 六甲おろし〜阪神タイガースの歌〜 (9) (7.1) 作詞:佐藤惣之助
作曲:古関裕而
編曲:小沢直与志
この年21年ぶりの優勝で日本中がトラフィーバーに沸いた阪神球団公認歌。本業はオペラ歌手。旧芸名は立川澄人。立川にとっては「四季の歌」(64位)以来9年ぶりのヒットに。ちなみに「六甲おろし」は通称で「阪神タイガースの歌」が正式名。作曲は欽ちゃんの『オールスター家族対抗歌合戦』で審査員同士だった古関裕而。85年12月鳥取県のディナーショーで倒れ脳溢血で急逝。シングルカセットのみ発売のため、オリコンではアルバム扱い。(同上)
440 1985/10/28 本田美奈子 Temptation(誘惑) 10 18.4 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:大谷和夫
高1のとき原宿でスカウトされ、85年「殺意のバカンス」(21位)でデビュー。新人離れした歌唱力で賞レースを総ナメ、翌年ヘソ出しルックで唄った「1986年のマリリン」の大ヒットで“和製マドンナ”と呼ばれた。86年のアーティスト宣言後はロックに転向。その後『ミス・サイゴン』など舞台中心に活躍したが、2005年急性骨髄性白血病のため38才の若さで急逝。「東芝ファンヒーター」CMソング。
441 1985/11/04 尾崎 豊 DRIVING ALL NIGHT(12インチ) 9 8.8 作詞・作曲:尾崎豊
編曲:尾崎豊 & HEART OF KLAXON
83年「15の夜」でデビュー、翌年8月の日比谷野音“飛び降り骨折事件”で脚光を浴びたロック歌手。兄の影響で中学時代は叙情派フォークに傾倒。同期の友人・吉川晃司も推していた。87年覚醒剤で逮捕、91年斉藤由貴との不倫騒動もあったが翌年ナゾの急死(覚醒剤中毒だったという)。死後「OH MY LITTLE GIRL」(1位)がミリオンセラーに。TV出演は『夜ヒット』1回きり。長男はシンガーソングライターの尾崎裕哉。この12インチ盤は8月の大阪球場ライブ録音。
442 1985/11/11 吉沢秋絵 with おニャン子クラブ なぜ?の嵐 8 10.4 作詞:秋元康
作曲:山梨鐐平
編曲:瀬尾一三
フジTV系『スケバン刑事II〜少女鉄仮面伝説』(南野陽子主演)主題歌。ドラマでは琴や茶道をたしなむお嬢様・矢島雪乃役を好演。85年8月に夕ニャンの「スケバン刑事IIオーディション」で選ばれ、3ヶ月後にデビューしたラッキーガール。東京都東村山市出身。おニャン子会員No.25。本名は“章江”。田辺エージェンシー所属でタモリ絡みで『笑っていいとも!』のレギュラーにも抜擢。2ndのB面はアノ有名な「会員番号の唄」。読書家で91年引退後は雑誌編集者に。
443 1985/11/18 レベッカ フレンズ 3 30.7 作詞:NOKKO
作曲:土橋安騎夫
編曲:レベッカ
紅一点のNOKKO(ノッコ)を中心とする4人組ロックバンド。後藤次利プロデュースで84年デビュー、翌年この曲で大ブレイクし、アルバム「REBECCA IV」が7週No.1に。バンド名は小説「黒い瞳のレベッカ」から。デビュー当初はレッド・ウォーリアーズの小暮武彦(のちノッコと結婚)がメンバー。なぜか『夜ヒット』に一度も出ていない。91年解散。歌詞はノッコの初恋を描いた実話。NTV系ドラマ『ハーフポテトな俺たち』(中山秀征主演)のEDテーマ。
444 1985/11/18 岩崎良美 愛がひとりぼっち/青春 10 16.0 作詞:康珍化
作・編曲:芹澤廣明
80年「赤と黒」(19位)でアイドルデビューした岩崎宏美(ヒロリン)の妹。愛称ヨシリン。85年「タッチ」(12位・24.7万枚)に続いてリリースした人気TVアニメ『タッチ』(フジ系)第2期主題歌。新人賞レースを競った松田聖子とは大の仲良し。歌手デビュー前、カネボウ・チューインガムのCMやTVドラマに出演している。TBS系ドラマ『スクール☆ウォーズ』のマネージャー役も好演。
445 1985/12/16 Hideki Saijo & Barry Manilow 腕の中へ -In Search of Love- 10 11.2 作詞:Allan.Rich
作曲:Barry Manilow・Howie Rice
日本語詞:吉田美奈子
編曲:船山基紀
「コパカバーナ」(27位)やキャッツのテーマ「メモリー」、日本だけでヒットした「君はLookin' Hot」(27位)など多くのヒット曲をもつバリー・マニロウと西城秀樹が組んだ異色デュエット。バリーはニューヨーク生まれ、ロシア系ユダヤ人のシンガーソングライター。ヒデキの「抱きしめてジルバ」(ワム!のカバー)を偶然FMで聴いて気に入り声をかけた。ヒデキの12インチシングルのほか、バリーのソロ「イン・サーチ・オヴ・ラヴ(腕の中へ)」も同時発売。
446 1985/12/23 少年隊 仮面舞踏会 1 47.8 作詞:ちあき哲也
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
“ジャニーズ少年隊”から改名し、この曲でレコードデビュー(84年5月「あなたに今Good-bye」でビデオデビューしている)。ニッキ、カッチャン、ヒガシのジャニーズ・トリオ。81年9月結成。翌年映画『胸さわぎの放課後』(主演:ひかる一平)でデビュー、同年松原康行が抜けヒガシ(東山紀之)が新メンバーに。デビュー前はマッチのバックを務め、ダンスのキレも抜群!! 3種のジャケ違いカラーレコード仕様。
447 1985/12/30 荻野目洋子 ダンシング・ヒーロー (Eat You Up) 5 32.4 詞曲:A.Kyte T.Baker
訳詞:篠原仁志
編曲:馬飼野康二
小4の時モノマネ番組でスカウトされ、79年小学生アイドル『ミルク』のルミ(ドラム担当)としてデビュー。アニメ声優を経て84年ライジングプロから「未来航海」(32位)でソロデビュー。このヒットで本家のアンジー・ゴールド「素敵なハイエナジー・ボーイ」(36位)もチャートインしたが、原曲はわりと過激な歌詞。2001年プロテニス選手の辻野隆三と結婚。女優の荻野目慶子は姉。オギノメちゃんの愛称は片岡鶴太郎が命名。2017年大阪・登美丘高校ダンス部のバブリーダンス動画に使われリバイバル・ヒット。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
- 1985/01/14 レイ・パーカーJr. ゴーストバスターズ 19 18.6 詞曲:Ray Parker Jr. 米の大ヒット映画『ゴーストバスターズ』主題歌。81年「ウーマン・ニーズ・ラブ」(67位)がヒットした米デトロイト出身のAOR系黒人シンガー。このラップっぽい曲が全米No.1になったが、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」とソックリで盗作と訴えられ敗訴した。日本では片岡鶴太郎が「ゴーストブスターズ」と改題してカバー。12インチ盤も出た。
- 1985/11/25 スティービー・ワンダー パートタイム・ラバー 16 16.7 詞曲:Stevie Wonder 62年、12才で米国デビューした盲目の黒人シンガーソングライター。大きなサングラスがトレードマーク。日本では「迷信」「悪夢」「愛するデューク」が大ヒット。ポール・マッカートニーと唄った「エボニー・アンド・アイボリー」(26位)も名盤。84年の代表作「心の愛」(35位)はもともとブレバタに提供した曲。実は目が見えている説もある。本人出演のTDKカセットテープのコマソン、売上枚数は12インチシングルとの合算。
- 1985/12/30 門脇陸男 祝い船 27 25.0 作詞:千葉幸雄
作曲:中村典正
編曲:植原路雄
東北放送『民謡でごきげん』ラジオ募集歌。仙台の実家で農業を営むかたわら、宮城交通のバス運転手をしていた異色の演歌歌手。もともと民謡歌手。地元・宮城県の有線放送から火がつき3年かかって大ヒット。登場47週目で最高位を記録し、1年以上チャートイン。結婚式でよく唄われた。作曲の中村典正は北島三郎の従兄。

ヒット歌手名鑑