ちゃとまに 制作・著作 KSK-PROJECT

ヒット歌手名鑑

TOP10入りした歌手の全データベース


1986(S61)年

♪おニャン子ソロデビュー組が続々登場♪

背番号のないエース ビー・バップ・パラダイス

印は紅白出場歌手
No. TOP10
登場週
アーティスト タイトル
(初登場曲)


売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
448 1986/01/13 新田恵利 冬のオペラグラス 1 32.0 作詞:秋元康
作・編曲:佐藤準
おニャン子会員No.4、愛称ニッタちゃん。おニャン子では一番人気、歌のヘタさも一番だった。デビュー曲初登場1位は女性初(男性はマッチ)。フジ系『なるほど!ザ・ワールド』EDテーマ。90年作詞家を目指して引退したが93年カムバック。97年フジテレビ社員と結婚。
449 1986/01/27 木村一八 オレたちだけの約束 8 11.1 作詞:DIAMOND HEADS
作・編曲:後藤次利
83年テレ朝系『やすきよ笑って日曜日』でTVデビューした横山やすしの長男。85年TBS系ドラマ『毎度おさわがせします』主演で人気者になり、このドラマ挿入歌でデビュー。自身が初めて書いた詞が元になっている。初回10万枚は特製ポスター付ピクチャーレコード。愛称KAJA(カジャ)。16歳で自ら設立したプロダクション“KAJA CLUB”の社長でもある。88年タクシー運転手に暴行して少年院送りに…
450 1986/02/03 渡辺美里 My Revolution 1 44.5 作詞:川村真澄
作曲:小室哲哉
編曲:大村雅朗
TBS系ドラマ『セーラー服通り』主題歌。当時TVで唄ったのは『ザ・ベストテン』の中継で1回きり。元スクールメイツでミス・セブンティーンコンテスト出身。85年ケニー・ロギンスのカバー「I'm Free」(104位)でデビューした女性ロック歌手。小室哲哉の作曲家としての出世作。
451 1986/02/10 国生さゆり with おニャン子クラブ バレンタイン・キッス 2 31.7 作詞:秋元康
作曲:瀬井広明
編曲:佐藤準
渡辺美里、工藤静香、藤原理恵(C.C.ガールズ)、松本典子も出場した「'84ミス・セブンティーンコンテスト」決戦大会で選ばれ芸能界入り。元陸上部のキャプテンでオールスター大運動会でも活躍。姉ゴ肌でおニャン子(会員No.8)ではリーダー格。バックコーラスは渡辺美奈代と白石麻子。女優に転向後、共演した長渕剛との不倫騒動もあった。バレンタインデーの定番ソング。
452 1986/02/10 杉浦 幸 悲しいな 4 15.6 作詞:売野雅勇
作曲:岸正之
編曲:若草恵
モモコクラブから最初のデビュー。85年菊池桃子を一躍有名にした資生堂ヤングプロモーションの2代目モデルに選ばれ、翌年TVドラマ『ヤヌスの鏡』(フジ系)で見事な2重人格少女を演じてホリプロからデビュー。映画『湘南爆走族』などに出演。清純路線でデビューしたが元ヤンキー。趣味はパチンコ。
453 1986/03/10 椎名 恵 今夜はANGEL 7 26.4 作詞・作曲:JIM STEINMAN
編曲:戸塚修
日本語詞:椎名恵
補作:三浦徳子
フジTV系ドラマ『ヤヌスの鏡』主題歌。84年のアメリカ映画『ストリート・オブ・ファイヤー』でファイヤー・インクが唄っていた「今夜は青春」(74位)のカバー。最初は原曲の意訳だったがドラマに合わせて歌詞を書き直した(英語の部分はそのまま)。本名・及川ちさ。ヤマハのボーカルスクール出身。この曲でデビューした27歳の遅咲き新人。札幌時代、デビュー前の細川たかしに自転車を修理して貰った事がある。
454 1986/03/31 西村知美 夢色のメッセージ 2 17.9 作詞:来生えつこ
作曲:来生たかお
編曲:萩田光雄
モモコクラブ(桃組No.922)からこの曲でデビューしたトロリン。本人主演映画『ドン松五郎の生活』主題歌で、東芝カールブラシ「レッツチャット」のコマソン。新人賞レースはレコ大のみ参加。事務所(芸映)の先輩・芳本美代子と同じ山口県宇部出身。天然キャラがウケ、バラエティでも活躍。97年CHA-CHAの西尾拓美と結婚。アニメ『うる星やつら』の大ファン。
455 1986/03/31 南野陽子 悲しみモニュメント 6 13.7 作詞:来生えつこ
作曲:鈴木キサブロー
編曲:新川博
フジTV系ドラマ『スケバン刑事II〜少女鉄仮面伝説』主題歌。愛称ナンノ。斉藤由貴と同じミスマガジン出身。85年杉本哲太の「キリンレモン21」のCMで注目され、85年「恥ずかしすぎて」(57位)でデビュー。作曲家・都倉俊一の芸能プロで、事務所が弱く自分で売り込んだ話は有名。少年隊のヒガシやカールスモーキー石井と色恋沙汰もあったが、2011年4歳年下の実業家と結婚。納豆とスポーツが大の苦手。
456 1986/04/14 ニャンギラス 私は里歌ちゃん 1 17.7 作詞:秋元康
作・編曲:見岳章
この"キワモノ路線"でデビューした立見里歌、樹原亜紀、名越美香、白石麻子の4人組おニャン子。シングル2枚出して2枚ともチャート1位。メインボーカルの立見は元オールナイターズで、87年「そんなつもりじゃなかったのに」(34位)でソロデビュー。引退後はポニーキャニオンで営業や宣伝をやっていた。4人が出演した明治「ケーキバー」のコマソン。
457 1986/04/21 Kuwata Band BAN BAN BAN(バンバンバン) 3 45.1 作詞・作曲:桑田佳祐
編曲:KUWATA BAND
原坊のオメデタでサザン休業中の桑田佳祐と松田弘を中心に結成した期間限定バンド。母体は81年3月に桑田が始めた「桑田バンド」。メンバーは河内淳一、今野多久郎など6人。2nd「スキップ・ビート」、ラストシングル「ONE DAY」も1位を獲り、なぜかサザン以上に売れてしまった…。87年2月9日の日本武道館で解散。資生堂サンズのCMソング。
458 1986/04/21 ラフ&レディ 背番号のないエース 9 16.8 作詞:売野雅勇
作・編曲:芹澤廣明
人気アニメ映画『タッチ -背番号のないエース-』の主題歌。チャゲアスのツアーメンバーだった飯島穣治(メインボーカル)と、ギタリスト松原正樹の弟子で寺尾聡やシュガーのバックを務めていた重村正道の男性ロック・デュオ。2人は85年に出会い、同年9月「君は衝撃波」でデビュー。ユニット名は重村が学生時代から自分のバンドで使っていたジェフ・ベックのアルバム名。意味は「即席」とか「間に合せ」。
459 1986/05/05 TAKESHI&HIROKI (ビートたけし&松方弘樹) I'll Be Back Again...いつかは 8 14.2 作詞:関口敏行・伊藤輝夫
作曲:BABA
編曲:奥慶一
NTV系『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』挿入歌。ビートたけしと俳優・松方弘樹のデュオ。この番組で“ひょうきんキャラ”でブレイクした松方は時代劇スターの近衛十四郎を父にもつ映画俳優。79年女優の仁科明子(現・亜季子)と結婚したが99年不倫騒動で破局。弟は子役出身の目黒祐樹。TVでは米米クラブのシュークリームシュがバックコーラス。
460 1986/05/19 1986 OMEGA TRIBE→カルロル・トシキ&オメガトライブ 君は1000% 6 29.3 作詞:有川正沙子
作曲:和泉常寛
編曲:新川博
NTV系ドラマ『新・熱中時代宣言』主題歌。85年12月解散した杉山清貴&オメガトライブの旧メンバーらで結成したバンド。2代目ボーカルのカルロル・トシキ(高橋カルロス敏樹)はブラジル出身の日系三世。地元のノド自慢コンテストで優勝し、82年“カルロス”名義で「ルシア」という曲で日本デビューしている。引退後は故郷のブラジルに戻りレストランなどを経営。
461 1986/06/02 福永恵規 風のInvitation 1 17.6 作詞:秋元康
作曲:高橋研
編曲:佐藤準
おニャン子のフロントメンバー恵規(さとみ)ちゃんのソロデビュー曲。会員No.11。事務所は倒産したボンド企画。シングル4枚出して病気で引退。趣味はスキューバーダイビング。東京都民。94年結婚したが離婚。ラストシングル「夏のイントロ」(14位)は竹内まりやの書き下ろし。2017年小泉今日子の個人事務所の取締役に。
462 1986/06/09 杉山清貴 さよならのオーシャン 4 20.3 作詞:大津あきら
作曲:杉山清貴
編曲:佐藤準
オメガトライブの初代ボーカリスト。本人が出演したダイドー「ジョニアンコーヒー」のCMソング。87年「水の中のAnswer」、88年「風のLONELY WAY」などがチャート1位に。85年6月ポプコン出身バンド“明日変(アスペン)”の柳沢裕子と結婚し、92年からハワイで移住生活。
463 1986/06/16 チューブ(TUBE) シーズン・イン・ザ・サン 6 31.0 作詞:亜蘭知子
作・編曲:織田哲郎
ボーカル前田亘輝がライブ活動をしていた厚木のパブで知り合った4人組バンド。町田の音楽祭でビーイングの長戸大幸にスカウトされ、トレードマークはGパンと白いTシャツ。札幌のTV番組で占い師にアドバイスされ、ザ・チューブから改名してこれが大ヒット。ベースの角野は88年交通事故で同乗の交際相手が死亡する事件も…。前田は飯島直子の元ダンナ。『キリンびん生』CMソング。
464 1986/06/16 芳本美代子 青い靴 10 5.8 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:船山基紀
愛称ミッチョン。平尾昌晃歌謡教室出身。石野真子に憧れ歌手の道へ。83年5月“KBC福岡音楽祭”ビッグコンテストで入賞し、85年「白いバスケット・シューズ」(22位)でデビューした芸映アイドル。96年俳優の金山一彦と結婚したが破局。2016年一般人と再婚。風見しんごは小学校の先輩。この曲は12インチ盤(35位)もヒット。
465 1986/06/23 城之内早苗 あじさい橋 1 15.5 作詞:秋元康
作・編曲:見岳章
おニャン子会員No.17。おニャン子デビュー前に民謡を4年半習い、ソニーの演歌オーディションに合格、84年「神栖町民音頭」(作曲・寺内タケシ)で民謡歌手としてデビューしている。歌唱力はおニャン子でもダントツ。元巨人の名投手・城之内選手は伯父さん。04年『夕やけニャンニャン』の元ディレクターと結婚。史上初の演歌初登場1位。曲は岡崎友紀 「私は忘れない」がネタ元と思われる。
466 1986/07/07 高井麻巳子 シンデレラたちへの伝言 1 20.9 作詞:売野雅勇
作曲:八田雅弘
編曲:Light House Project
『夕やけニャンニャン』生放送中に原宿の街頭でスカウトされ、おニャン子メンバーに。会員番号No.16。実家は自転車屋。美術系の学校に通っていた。88年秋元康と電撃結婚して引退。姉は『夜ヒット』の女性ダンサー「Dee-Dee」のメンバー。明石家さんま「真赤なウソ」(17位)のコーラスにも参加している。フジTV系『月曜ドラマランド』のテーマ。
467 1986/07/28 渡辺美奈代 瞳に約束 1 20.2 作詞:秋元康
作・編曲:後藤次利
中学卒業後、地元タレント養成所のダンススクール時代にソニーにスカウトされ、85年11月「夕ニャン」の“ヤンパラ・イメージガール”オーディションで優勝しておニャン子入り(会員No.29)。あまりの人気のため、この曲のデビューイベントは武道館で行われた。デビュー曲から5作連続1位は当時の記録。94年ヌード写真集を出し、96年ミュージシャンと結婚。長男の矢島愛弥はラップ系シンガー。
468 1986/09/01 ビー・バップ・少年少女合唱団 ビー・バップ・パラダイス 8 14.2 作詞・作曲:都志見隆
編曲:中村哲
映画『ビー・バップ・ハイスクール〜高校与太郎哀歌』挿入歌。主演の清水宏次朗、仲村トオル、宮崎ますみのツッパリ・トリオ。清水と仲村は85年この映画のオーディションで6千人の中から選ばれた。宮崎は85年「危ないよSister」でデビューした85年のクラリオンガール(準グラは山口智子)。3人のスケジュールが揃わず3回ほどTVで唄っただけ。
469 1986/09/01 石井明美 CHA-CHA-CHA 1 58.1 作詞:G.BOIDO
日本語訳詞:今野雄二
作曲:B.REITANO B.ROSELLINI F.BALDONI F.REITANO
編曲:戸塚修
TBS系ドラマ『男女7人夏物語』主題歌。フィンツィ・コンティー二「チャチャチャ」(14位)のカバー。元美容師で中森明菜の事務所の後輩。このデビュー曲が明菜の「DESIRE」をおさえ86年の年間No.1になり、翌年センバツ高校野球の入場行進曲にも選ばれた。イントロのセリフとコーラスは“つのだ☆ひろ”。90年カオマのカバー「ランバダ」(16位)もヒット。同年結婚休業したが、93年離婚して復帰。
470 1986/10/06 井上陽水・安全地帯 夏の終りのハーモニー 6 10.8 作詞:井上陽水
作曲:玉置浩二
編曲:星勝・安全地帯・中西康晴
井上陽水と元バックバンド・安全地帯による夢の豪華コラボ。86年8月神宮球場で行われたジョイント・コンサート『スターダスト・ランデヴー』のために作られた曲。アレンジの中西康晴はこの年の陽水の全国ツアーに参加したキーボード奏者で“上田正樹とサウス・トゥ・サウス”の元メンバー。
471 1986/10/06 水谷麻里 乙女日和 9 4.8 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
編曲:武部聡志
85年『'86ミスヘアコロンイメージガール』オーディションの決戦大会(酒井法子、畠田理恵も出場)で優勝し、翌年「21世紀まで愛して」(16位)でデビュー。ニッポン放送『夜遊びしナイト!』で共演していた岡田有希子の妹分。この3rdシングルでレコ大新人賞に輝いた。バックで踊っていた“あしたの黄色をつかみ隊”は“パンプキン”と改名し87年デビュー。自身がファンだった漫画家・江口寿史と90年結婚引退。
472 1986/10/20 渡辺満里奈 with おニャン子クラブ 深呼吸して 1 17.1 作詞:秋元康
作曲:山本はるきち
編曲:新川博
おニャン子会員No.36。マリナのデビュー曲。84年『ミス・セブンティーンコンテスト』(3次審査で落選)でソニーにスカウトされ、おニャン子オーディションに参加。バックコーラスは工藤静香と生稲晃子。作曲はLOOKの山本はるきち(音大出身)。おニャン子解散後はタレントに。小沢健二とウワサになったが、2005年ネプチューンの名倉潤と結婚。
473 1986/10/20 BOØWY B・BLUE(ビー・ブルー) 7 13.7 作詞:氷室京介
作・編曲:布袋寅泰
元スピニッヂ・パワーの氷室京介率いる4人組ロックバンド。ギタリストは布袋寅泰。81年結成、当初は6人組で82年「MORAL」でデビュー。83年から4人体制に。「マリオネット」(1位)がヒットした直後の87年12月に解散宣言したため、ヒット曲は意外と少ない。98年のベストアルバム「THIS BOØWY」(1位)がミリオンセラーに。再結成は一度もナシ。もともと“暴威”(ぼうい)というバンド名だった。
474 1986/11/17 内海和子 蒼いメモリーズ 3 8.1 作詞:売野雅勇
作・編曲:芹澤廣明
子役から“オールナイターズ”を経ておニャン子入り(会員No.13)。ホリプロ所属。中学生の頃、平尾昌晃歌謡学院で歌を4年半ほど習っていた。89年カーレーサーに転身したが、93年ヌード写真集を出して翌年レース中にクラッシュした相手と結婚。フジTV系アニメ『タッチW』挿入歌。
475 1986/11/17 池田 聡 モノクローム・ヴィーナス 9 22.8 作詞:松本一起
作曲:佐藤健
編曲:清水信之
小林麻美の『スズキ アルト』CMソング。ライブハウスでバンドで唄っていたのをスカウトされ、この曲でデビューした当時日大理工学部の大学生。ジャケ写は事務所の先輩・小林麻美が撮影したもの。最大ヒットは本人も出演した94年のドラマ『そのうち結婚する君へ』の主題歌「思い出さない夜はないだろう」(16位、29.5万枚)。
476 1986/12/22 長山洋子 ヴィーナス 10 16.0 作詞・作曲:Robert Leeuwen(Robbie van Leeuwen)
訳詞:篠原仁志
編曲:鷺巣詩郎
ディスコで大ヒットしたバナナラマのカバー。オリジナルは69年ショッキング・ブルー。4才から民謡と三味線を習い、小学生のとき『8時だョ!全員集合』でバーニングの周防社長にスカウトされ、84年「春はSA・RA・SA・RA」(41位)でアイドルデビュー。NHKレッツゴーヤングのサンデーズでも活躍。93年演歌歌手に転向して「蜩」(18位)が大ヒット、紅白の常連に。
このほか15万枚以上売れたアーティスト
- 最高位
達成週
アーティスト タイトル

売上
枚数
(万)
作家陣 コメント
- 1986/01/27 神野美伽 男船 13 31.5 作詞:やしろよう
作曲:市川昭介
編曲:池多孝春
11歳のとき東京12チャンネル『ちびっこ歌まねベストテン』(長山洋子、岩井小百合、荻野目洋子も出場)でスカウトされ、84年「カモメお前なら」で芸映からデビュー。87年「浪花そだち」で紅白初出場。若手演歌のホープだったが、87年デビューした坂本冬美にその座を奪われた…。作詞家・荒木とよひさは元ダンナ。少林寺拳法2段の腕前。趣味は編み物。意外と巨乳である。
- 1986/12/29 原田悠里 木曽路の女 53 18.5 作詞:やしろよう
作・編曲:伊藤雪彦
小学校の音楽教師から転身し、82年「俺に咲いた花」でデビューした熊本県出身の演歌歌手。この2ndが発売4ヵ月後の86年1月に初登場、最高53位ながら89週チャートインするロングセラーに。99年「津軽の花」(42位)で紅白初出場。北島ファミリーの一員で二葉百合子の弟子。

ヒット歌手名鑑