ちゃとまに帝国 制作・著作 KSK-PROJECT

時代を変えたこのアーティスト

☆星の数ほどのアーティストの中から、時代のエポックになった人たちを選んでみました
〜日付はトップ10入りした週(オリコン調べ)〜

 
 

●森 進一
(1968年1月4日「命かれても」で初登場)

♪青春歌謡やエレキブーム全盛期、橋幸夫北島三郎都はるみらとともに活躍したいわゆる演歌の第一人者である。独特のハスキーボイスは世間の度胆を抜かせ当初はキワモノ扱いされていたが、その人気は演歌界でも群を抜いていた。夜、盛り場、ネオン…といった女心の悲哀をせつせつと歌い、ライバルの五木ひろしクール・ファイブ、同じタメ息路線の青江三奈藤圭子八代亜紀らとともに演歌界をリードし、現代演歌つながる道筋を確立していった。
 
 

 
 

●ザ・タイガース
(1968年1月18日「君だけに愛を」で初登場)

♪数あるGS(グループサウンズ)の中でも人気、セールスとも他のバンドを圧倒していた。とくにボーカル沢田研二(ジュリー)の人気は凄まじく、その後ソロとなり歌謡界に君臨する大スターとなる。このグループの人気の凋落とともにGSそのものが下火となったが、ロックと歌謡曲を融合したGSサウンドは「恋の季節」(ピンキーとキラーズ)や「ブルー・ライト・ヨコハマ」(いしだあゆみ)など、その後のGS歌謡やポップス歌謡の源流となってゆく。
 
 

 
 

●ザ・フォーク・クルセダーズ
(1968年1月18日「帰って来たヨッパライ」で初登場)

♪レコードの早回し手法によるこのデビュー曲は、フォークソングを一躍メジャーに変えた。解散後もメンバーは「風」(はしだのりひことシューベルツ)、「白い色は恋人の色」(べッツィ&クリス)、「花嫁」(はしだのりひことクライマックス)、「戦争を知らない子供たち」(ジローズ)、「あの素晴しい愛をもう一度」(加藤和彦と北山修)などエバーグリーンな名曲を次々と生み出し、メンバーの加藤和彦はその後、伝説のロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を結成、海外でも成功をおさめた。
 
 

 
 

●欧陽菲菲(オーヤン・フィフィ)
(1971年10月18日「雨の御堂筋」で初登場)

♪アジアでの評価はそれほどでもないが、彼女の成功がのちに乱立する“アジアの歌姫ブーム”を生んだ元祖である。台北のナイトクラブ出身、カタコトの日本語でメディアに現れるやいなや、パワフルな歌声とアクションでヒットを連発。その活躍はアグネス・チャンテレサ・テン李成愛チョー・ヨンピル桂銀淑キム・ヨンジャといったアジア圏歌手たちはもちろん、2000年代以降のBoA東方神起といったK-POPムーブメントなどに継承されてゆく。
 
 

 
 

●天地真理
(1971年11月22日「水色の恋」で初登場)

小柳ルミ子南沙織と“新三人娘”と呼ばれていたが、その人気はケタ違いだった。「白雪姫」と称され、あの真理ちゃんスマイルと透明感あふれるファルセット・ヴォイスでヒットチャートの1位を独占。その人気は74年の山口百恵の台頭によって影を潜めるが、のちにアイドルと呼ばれる女性歌手のルーツとなり、楽曲やスタイルはその後の桜田淳子松田聖子らに継承されてゆく。ただ当初はアイドルというより、本田路津子のような歌謡フォーク路線を目指していたらしい。
 
 

 
 

●よしだたくろう⇒吉田拓郎
(1972年3月13日「結婚しようよ」で初登場)

♪フォークソングが市民権を確立できたのも、この人がいたからでしょう。いわゆるテレビ出演拒否の先がけで、のちにブレイクしたフォーク歌手が軒並み追随していった。デスマス調の歌詞、語り口調のメロディーは当時新しく、職業作詞家、作曲家にもカナリ影響を与えていたように思う。叙情派フォークのパイオニアでもあり、大ヒットした「旅の宿」は「神田川」(南こうせつとかぐや姫)、「精霊流し」(グレープ)へと受け継がれるエポック・ソングである。
 
 

 
 

●ガロ
(1973年2月5日「学生街の喫茶店/美しすぎて」で初登場)

♪世間的な評価は今ひとつだが、ロングヘアーにトンボメガネ、ロンドンブーツといったフェミニンなヴィジュアルは当時のフォークグループとしては異端であった。繊細で私小説的な詞の世界観、ハイトーンヴォイスで奏でる洗練されたコーラス・ワークは、後のチューリップオフコースアルフィーらへと受け継がれ、ニューミュージックのパイオニアともいえる。あまりに早すぎたため、時代が追いつく前に燃え尽きてしまったような…
 
 

 
 

●キャロル
(1973年6月「ファンキー・モンキー・ベイビー」チャートインせず)

♪疾走感あふれるメロディーに、今では当たり前となった英語混じりの歌詞、リーゼント&皮ジャンというスタイルも斬新だった。ロックン・ロールの大衆化にも貢献したが、ヴィジュアル先行のこのジャンルは、なかなか日本には根付かない音楽かもしれない。のちにソロになった矢沢永吉がバラード志向だったのもそのせいかも…? 当時はフォークロック全盛のさなか、セールス的にもこの「ファンキー〜」が最高57位と今ひとつだったが、75年解散後“永チャン”ことボーカル・矢沢永吉はカリスマ的人気を博した。
 
 

 
 

●山口百恵
(1973年10月1日「青い果実」で初登場)

♪デビュー曲「としごろ」の正統派アイドル路線がいまひとつだったため、この2ndシングルから突如「性春路線(!)」に転向。以後、ライバル桜田淳子の“陽”に対するマイナー・イメージに徹した音作りは、それまでの華やかなアイドルとは一線を画してゆく。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの宇崎竜童とタッグを組んだ76年「横須賀ストーリー」の大ヒット以降、ロックやニューミュージックにも果敢に挑戦し、アイドルという概念を一気に前進させた人。人気絶頂の中での結婚引退は社会現象にもなった。
 
 

 
 

●荒井由実⇒松任谷由実
(1975年11月24日「あの日にかえりたい」で初登場)

♪不協和音を多用した斬新なコード進行と思春期特有の繊細な歌詞は当時衝撃的で、デビュー前から才能を高く評価されていた。彼女の登場でそれまでの叙情派フォークが一掃され、ニューミュージックという新たな時代が幕開いていったようにも思う。80年代のアイドル・ポップスから現在のミュージック・シーンに至るまで、音楽業界に多大な影響を与えた人です。
 
 

 
 

●ピンク・レディー
(1976年11月29日「ペッパー警部」で初登場)

♪従来の歌謡界では考えられなかった、お色気たっぷりの衣装と派手なアクションで小学生から大人に至るまで大旋風を巻きおこした2人。山本リンダフィンガー5でヒットを飛ばした阿久悠&都倉俊一コンビによる遊びゴコロあふれる楽曲は、5曲連続ミリオンセラーという偉業を成しとげる。曲調は当時ハヤりのディスコ歌謡にクラシックの要素も見受けられるが、サウンドやメロディーが斬新すぎて、未だにジャンル分けできないアイドルの枠を超えたスーパー・デュオ。
 
 

 
 

●中島みゆき
(1977年11月14日「わかれうた」で初登場)

♪音楽的に流れを変えたというよりも、ユーミンと違い吉田拓郎などフォーク・ソングの流れを踏襲している。やはりこの人の凄いところは“歌詞”の世界観でしょうか。当時“クライ”と言われた女性フォーク歌手は結構いたが(浅川マキ、山崎ハコ、森田童子など…)、商業的に成功したのはこの人だけである。低迷期の86年頃から歌唱法をガラリと変え、それが後の「地上の星」の大ヒットへつながる“新生・中島みゆき”誕生へと至ったような気がする。
 
 

 
 

●サザンオールスターズ
(1978年9月11日「勝手にシンドバッド」で初登場)

♪吉田拓郎とはまた違う、旋律にウマくのせた早口でまくし立てる独特の歌唱法は、後発の佐野元春とともに日本のロック・シーンに多大な影響を与えた(当初はコミックバンドと思われていたが…)。歌謡曲を意識した日本人好みのメロディーと意味深な歌詞が幅広い層に受け入れられ、デビュー以来、実に40作以上のシングルをTOP10に送り込んでいる。
 
 

 
 

●イエロー・マジック・オーケストラ
(1980年6月23日「テクノポリス」で初登場)

♪テクノのルーツは70年代半ばに登場したドイツのクラフトワークといわれるが、YMOの無機質な電子サウンド&東洋的なメロディーは、インベーダーゲームやピンク・レディーに影響を受けた日本のキッズたちにこよなく支持されていたように思う。メンバーの髪形を真似た「テクノカット」が大流行し、テクノポップと呼ばれる音楽性は海外でも高く評価された。当時は一過性のブームと思われたが、TM NETWORK電気グルーヴなどフォロワーの登場で、ユーロビートやダンス・ミュージックへと進化していった。
 
 

 
 

●松田聖子
(1980年8月11日「青い珊瑚礁」で初登場)

♪天地真理で幕をあけ、山口百恵、ピンク・レディーと続いたアイドルブームも終息しかけた80年代初頭、突如現れたのがこの人。ユーミンや八神純子を意識したニューミュージック系の楽曲、伸びのある天性の歌唱力は、それまでの古いアイドル歌謡とは一線を画していた。田原俊彦とともに80年代のアイドル・シーンに新風を巻き起こし、歌詞、楽曲、髪形に至るまで、その後の80年代アイドルのルーツになった。
 
 

 
 

●おニャン子クラブ
(1985年7月29日「セーラー服を脱がさないで」で初登場)

♪ローカル色の強い「夕やけニャンニャン」という番組でアシスタントをしていた半シロウト集団が国民的な人気を博すまで、テレビ画面を通じて逐一伝えられる状況はある意味ドキュメンタリーであった。従来のアイドルとは異なるセミプロ意識、公開オーディション、それに矢継ぎ早のリリース展開は、体力の消耗しつつあったアイドル産業を増幅させ、そして一気に終焉へと導いていった…。彼女らのノウハウを活かしたモーニング娘AKB48など、のちの大所帯アイドルのパイオニアともいえる。
 
 

 
 

●尾崎 豊
(1985年11月4日「DRIVING ALL NIGHT」で初登場)

♪マスメディアにはほとんど登場せず、陰のある写真が多く当時から謎めいた存在だった。最近はバラードばかり注目されているが、ステージを所狭しと駆け回り、飛び降り骨折までしていた…れっきとしたロック歌手である。若者のリアルな心情を綴った楽曲は同世代を中心に熱狂的に支持され、「若者の代弁者」「教祖」「カリスマ」などと称された。92年の他界後も、いまなお語り継がれる伝説のアーティストである。
 
 

 
 

●BOØWY
(1986年10月20日「B・BLUE」で初登場)

♪当時はアイドル全盛でロックバンドはほとんど売れない時代だったが、歌謡ロック的なわかりやすいメロと“ビートロック”と呼ばれるサウンドが急速にロックキッズたちに浸透。おニャン子一色のヒットチャートで「マリオネット」が1位になったときは驚いた…。ブレイク直後の解散発表も前代未聞で、のちのバンドブームの火つけ役ともいえる存在。X JAPAN、GLAYなど、後のヴィジュアル系バンドにも多大な影響を与えている。
 
 

 
 

●THE BLUE HEARTS
(1989年2月13日「trAIN-trAIN」で初登場)

♪セックス・ピストルズに影響を受けた日本語パンクは70年代後半から台頭していたが、いわゆるヒットチャートに顔を出したのはこのバンドがお初。“インディーズ”という言葉が注目を浴びたのも、このバンドの成功がキッカケだったように思う。単純なメロディ&コードに“やさしさロック”とよばれる歌詞を乗せるスタイルは、のちのモンゴル800GOING STEADYといったメロコア系アーティストたちに継承されていった。
 
 

 
 

●小室哲哉
(1989年11月6日「RUNNING TO HORIZON」で初登場)

♪もともとTM NETWORKのキーボーディストだった彼は、アーティストとしてよりもコンポーザーとしてその類稀な才能を開花させてゆく。テクノをルーツとした独特のメロディ&サウンドは、86年大ヒットした「My Revorution」(渡辺美里)以降、90年代半ばからtrf安室奈美恵、自身も参加したglobeなどのプロデュース・ワークで成功を収め、その後一大勢力となるエイベックスの浜崎あゆみEvery Little Thingなどフォロワーを巻き込んで時代の寵児となる。
 
 

 
 

●フリッパーズ・ギター
(1990年5月 「恋とマシンガン」チャートインせず)

♪ドラマ主題歌「恋とマシンガン」が最高17位…と現役時代は今ひとつだったが、いわゆる“渋谷系アーティスト”のルーツ的存在。解散後ソロで活躍した小沢健二オリジナル・ラヴピチカート・ファイヴらの成功によって再評価され、その都会的なサウンドは今なお多くのアーティストに影響を与えている。楽曲は現在でもCMに使われるほど洗練されていたが、折りしも当時はバンドブームのさなか、音楽シーンの中では完全に異端児扱いされていた。
 
 

 
 

●B'z
(1990年6月4日「BE THERE」で初登場)

♪生音にこだわるバンドブーム全盛のなか、デジタルサウンドで颯爽と登場した彼らのサウンドは画期的だった! 当初はTM NETWORKの弟分的存在だったが、キャッチーなメロと迫力あるボーカルスタイルが大衆の心を捉え、ミリオンシングル15曲&アルバム18枚に及ぶ“前人未到の大記録”を打ち立てた。必要最小限のメディア露出とタイアップに伴うヒット戦術は、のちに隆盛を誇る“ビーイング系アーティスト”の先がけでもある。
 
 

 
 

●岡村孝子
(1991年6月3日「Good-Day 〜思い出に変わるならば〜」で初登場)

♪シングルヒットこそ少ないが、87年「夢をあきらめないで」(50位)はミラクルヒットを連発する90年代の音楽シーンの方向性を決定づけたエポックソングである。いわゆるポジティブ・シンキングをベースにした「ガンバレ・ソング」と呼ばれる歌詞、良質で自然体なポップ・サウンドが若い女性を中心に支持され、のちのKAN槇原敬之ドリカムらとともにJポップ隆盛への礎となった。
 
 

HOME